警官は交通違反しても切符無し!白バイの違反の見逃しが警視庁で発覚

シェアする

何とも由々しき警視庁の実態が報道で明らかになりました。

警察官は違反しても切符を切られない、そんな実態が明らかになり一般市民は「やってられないよ」。

スポンサーリンク

報道の内容

警視庁によりますと今年1月、東京・立川市の路上で警視庁交通機動隊の白バイ隊員が取り締まりをしている際、車線変更が禁止されている場所で違反をした乗用車を確認し、停車させました。

その際、白バイ隊員が運転していた男性に対して、交通違反の切符の交付など必要な手続きを怠っていたことが分かりました。

 乗用車を運転していた男性は警視庁の別の交通機動隊に所属する警察官で、取り締まりを受けた際、白バイ隊員に対し、「自分は警察官だ」と伝えたということです。

警視庁は白バイ隊員が男性が警察官だと知り、取り締まりをせずに見逃した可能性があるとみて犯人隠避などの疑いを視野に当時の状況を調べています。

引用:JNN

白バイ隊員の見逃し行動が問題に、、、

スポンサーリンク

警視庁による不祥事が明らかになりました。

警察官は違反をしても見逃される、そんな事がこの日本で今もまかり通っている様です。

事件は今年1月、交通違反の取り調べ中に起きました。

1台の乗用車が車線変更禁止場所で違反したため違反車両を停車させる。

ここまでは通常の取り締まりの流れですが、、、

違反車両の男が「自分は警察官だ」と名乗った為白バイ隊員は取り締まりをせず違反を見逃しました。

白バイ隊員もまさか警察官を取り締まるとは思っていなかったのは無いでしょうか。

捕まえる相手が悪かった!?

乗用車を運転していた男性は警視庁の別の交通機動隊に所属する警察官との事ですが自身の昇進の事を思って見逃したのか、何らかの圧力があったのかは不明です。。。

この件は犯人隠蔽の疑いで捜査される様ですが、これまで同等の違反で切符を切られたこちら側としては到底納得し難いですね。

どの様に明るみに??

ではこの事件、どの様な経緯で表に出てきてしまったのでしょうか?

警官同士で揉み消す事も可能だったと思われます。。。!?

内部告発だった可能性もあり警視庁内は今頃荒れているのでは??

世間の反応は、、、

1月に違反して3ヵ月後に報告、ニュースになる。
省庁の中で、3か月後の報告が流行りなのかな。

取り締まりをしなかったのは結局自分の出世のためでしょうか?

こんなの氷山の一角でしょ。

いやー、こうまでこの組織が腐ってるとこんなの氷山の一角だよね。
そもそも交通機動隊の人間が違反するなんてゆう模範意識の低さ、普段から自分が取り締まりを受けないのをいいことに白バイやらパトカーを乗り回してるのが伺い知れる。
ま、警察官には法規範の前にまず「モラル」とゆうものを身に付けて欲しいものだがね。

警官を褒め称えるテレビ番組が多いが、実際はならず者ばかりなんだな

まとめ

財務省の隠蔽疑惑に続き今回は警視庁の疑惑。

疑惑の絶えない省庁に国民もまたかとあきれてしまいます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする