山本徳郁さん死去、享年41歳について癌の原因について、タトゥーとの因果関係は?

シェアする

癌との闘病中も甲斐なく、2018年9月18日に亡くなった事が

山本さんが主宰する総合格闘技のジム「KRAZY BEE」から公表された。

スポンサーリンク

KRAZYBEEからの発表


癌との闘病を公表したのが8月26日、

それからわずか1ヶ月も経たない内に病に伏した事を考えると

公表の時点で病状は深刻だった事が伺えます。

山本さんの癌は何癌だったのでしょうか。

インスタグラムで自身が現在癌との闘病中だった事を明かした

8月26日、山本さんのインスタにはイラストの画像と共に、

癌治療と闘っている事が公開され、沢山の応援メッセージが寄せられていました。

山本さんの癌の種類について

山本さんは癌であることを告知しましたが

何癌だったのかについては公表されていませんでした。

他サイトでも多く言われているのが山本さんが入れていた

タトゥーが原因で種類については皮膚がん肝臓がん

と言った憶測の意見が多くみられます。

引用;https://ameblo.jp

癌とタトゥーの因果関係はあるのでしょうか?

早速探って行きたいと思います。

癌とタトゥーの因果関係は?

本題から入りますが、癌とタトゥーのインクは関係がないと個人的に考えています。

タトゥーインクの製造メーカーのほとんどのところがMSDS(化学物質安全性データシート)を開示しており、

MSDSは「この製品に含まれる成分が科学的に安全であること」が記載されているシートで、

インクの安全を保障する証となる書類が公表されています。

MSDSに書かれている内容はインクに含まれる物質に有害化学物質のリスクや、

発がん性や可燃性の可能性が無し等がしっかりと開示されています。

タトゥーのインクで最も人気のあるEternal社のインク

タトゥーインクが科学的に安全な事は証明されていますが、

最も身近にあるのが人それぞれが持つアレルゲンとなる者は違い、

タトゥーインクの成分によるアレルギーの症状が出る方がいるのは事実。

因みにアレルギー反応が出やすい色は「赤色」と「黄色」で、

これらの色を入れる際は注意が必要です。

以上の事を踏まえて、タトゥーが原因で癌になった

は真ではないと言えるのではないでしょうか。

山本さんがタトゥーを入れていた事が癌を引き起こす原因になった、、、

何て誤解が世間に広まる事は避けたいところではあります。

日本ではただでさえタトゥーに対し、偏見視されるので。。。

ただ、タトゥーに使う器具からC型肝炎やHIV感染等は少なからず有り、

タトゥーアーティストらが注意する事としては

「きちんとした衛生管理を施したスタジオを決める」こと。

これに尽きる様です。

山本さんがどの様なスタジオでタトゥーを入れたのかについては

解っておりませんが、有名人が入れるスタジオはきちんとした衛星管理のされたスタジオだったと思われます。

この件について世間の反応を見てみると、、、

まだ41才とは早すぎる。
ご家族のショックは計り知れないとは思うし、非常に残念でならない。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。合掌。

若くて体力あるからかえって癌の進行も速かったのかもしれない。格闘技界にとって大きな損失。

野性味溢れる喧嘩ファイトのパイオニア。現役でもまだまだイケる年齢だし日本の代表的なカリスマが一人減ったのは非常に残念です。勝っても負けても見ている者に刺激を与えてくれたし試合も毎回面白かった。

公表してからあっという間すぎて…。
早すぎてショックが隠せません。まだ若いのに、あんなに強い人でもガンに勝てないとは。
ダルビッシュには哀しむとともに、聖子さんのこともフォローしてほしい。
ご冥福をお祈りします。

引用;yahooニュース

まとめ

気になるのが元妻であるMALIA.さんからの追悼メッセージではないでしょうが。

MALIA.さんは4人目の夫の三渡州舞人さんとのお子さんを8月8日に出産しており、

その様子はインスタで逐一報告されています。

マリアさんの出産報告を受けてか、山本さんは自身が癌との闘病中であることを

公開している辺り、何か理由があったのかとも考えてしまいます。

山本さんのご家族、関係者にお悔み申し上げます。

最後までお付き合いいただき有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする