【台湾東部】M6.4地震、140人以上と安否確認が取れず

シェアする

台湾東部地震

日本時間の7日未明、台湾東部を震源とするマグニチュード6.4の地震がありました。

これまでに2人が死亡し、200人以上が怪我、140人以上と連絡が取れていなとの事。

地震の被害状況をまとめました。


スポンサーリンク

震源地は?

6日午後11時50分(日本時間7日午前0時50分)ごろ台湾の東部花蓮沖を震源とするマグニチュード6.4の地震が起きました。

被害状況は?

 

震源地近くの東部、花蓮県では多くの建物が被害に。

震源に近い花蓮市を中心に建物が倒壊したり傾いたりするなどの被害が出て、台湾当局によりますと、これまでに2人が死亡し、214人がけがをしたということです。

台湾当局によると計4棟の建物で傾斜や崩壊が発生。ガス管が破裂したり、道路に亀裂が入るなどの被害が起きている。645戸が停電し、断水は約4万戸に及んでいるという。

地元メディアによると、11階建てのホテル「統帥大飯店」は1~3階の部分が押しつぶされ、建物全体が傾いた。


引用元:BBC

Googlemapと見比べても下の階が潰れてしまっている様子が見て取れます。

写真のマーシャンホテルは観光地へのアクセスの良さから外国からの観光客も多く利用されていた様で地震直後は多くの日本人が外に出て、路上や近くの別のホテルに避難されていたようです。

ホテル従業員の1人が救助されたものの、依然として2人が建物内に閉じ込められているもよう。

台湾での過去の地震

スポンサーリンク

日本と同じく台湾も度々大きな地震が起きニュースになります。

  • 1964年1月には、台湾南部を震源とするマグニチュード6.3の地震
  • 1999年9月に台湾中部で発生したマグニチュード7.7の大地震
  • おととし2月にも、台湾南部を震源とするマグニチュード6.4の地震

いずれの地震も多くの死傷者が出ました。

この様な大規模な災害が起きますと72時間の壁とよく言われます。

発生からまだ一日も経っていない事から生存されている方が多数居る事と推測できます。

一刻も早く救助され一人でも多くの命が救われますように祈るばかりです。

日本と台湾は特別な関係、一刻も早い援助と支援が必要とされています。

台湾地震については続報が入り次第追って追記してまいります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする