【愛知知多市】88歳女性と自転車の中学生が歩道で衝突/女性は意識不明の重体

シェアする

昨日午後、自転車に乗った中学1年生の男子生徒と、

歩いていた高齢の女性(88)がぶつかり、女性は頭の骨を折り意識不明の重体です。

事故が起きた現場や当時の状況や原因について探っていきます。

スポンサーリンク

事件の概要について

CBCニュースが下記のようなニュースを報じ話題となっています。

8日午後、愛知県知多市で、中学1年生の男子生徒が乗る自転車と歩いていた88歳の女性がぶつかり、女性が、意識不明の重体です。

8日午後6時ごろ、知多市大草の歩道で、近くに住む無職の舟橋光子さん(88)が、正面から走ってきた自転車とぶつかりました。

舟橋さんは、頭の骨を折っていて意識不明の重体です。

警察によりますと、自転車に乗っていたのは、(愛知県)常滑市に住む中学1年生の男子生徒で、警察の調べに対して、「遠くを見ていた。歩行者に気付かなかった」と話しているということです。

警察が、事故の原因を詳しく調べています。

引用;CBC

自転車との衝突で意識不明の女性について

スポンサーリンク

歩行中、歩道を向かいから走って来た男子中学生(13歳)との接触し、転倒、

頭蓋骨を骨折し意識不明の状態となっているのは、

現場近くに住む舟橋光子さん(88歳)と報道されています。

転倒による他の箇所への骨折が心配されます、

と言うのも、高齢での骨折は若い人と違い、

完治にも時間がかかり、高齢者が一週間寝たきり状態を送った場合、

その後については、歩行する事も困難になってしまう程、

体力が衰えてしまい、結果寝たきりを余儀なくされる場合が

多く聞かれます。

事故が起きた現場はどこ??

スポンサーリンク

報道によりますと、愛知県知多市大草の歩道との情報から

以下の範囲内で自転車の接触事故が起きたと思われます。

事故を起こした男子中学生について

スポンサーリンク

舟橋さんとぶつかったと男子中学生は事故について

「遠くを見ていた。歩行者に気づかなかった」

とコメントを残しています。

ここで気になるのが自転車スマホ運転です。

思い出されるのが2017年12月に神奈川県川崎市で、

電動式自転車に乗りながらスマホ操作をしていた20歳の女子大生が、

歩行中の77歳の女性と衝突、歩行者が死亡するという事故で

元女子大生に禁錮2年の判決が下っています。

他にもスマホ運転をしていた少年が電動車いすの女性に軽傷を負わせ、

重過失致傷容疑で書類送検され過去があります。

スマホによるながら運転については近年、

多く聞かれる事故となっています。

警察による事故の現場検証がされている事から

今後詳細が明らかとなってくると思います。

まとめ

若干13歳にしてこのような事故を起こしてしまい、

不憫でなりませんが、安全確認を怠った事が原因と思うと

純粋に同情する事は出来ません。

意識不明の状態にある舟橋さんの状態が回復する事を

心から願うばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする