北海道胆振(いぶり)中東部で震度6強の地震/被害状況について

シェアする

6日の夜明け前、北海道胆振(いぶり)中東部を震度6強の地震が観測されました。

この地震により津波警報は発令されておりませんが、停電などの被害が確認されています。

スポンサーリンク

地震の震源地は?

FNN他、メディア各局が下記のニュースを報じ話題となっています。

9月6日午前3時8分、胆振中東部で震度6強の地震を観測した。

震源地は胆振地方中東部で、震源の深さは40km、地震の規模を示すマグニチュードは6.7と推定される。

引用;FNN

余震の状況は?

スポンサーリンク

被害の状況は?

大規模な土砂崩れが上空からの映像で確認出来ます。

これほど広範囲に渡る土砂崩れは見た事がありませんね。

陥没した道路

陳列の商品が倒れる

隆起した道路

室内はめちゃめちゃに:安平町のこども園

引用;JNN


スポンサーリンク

まとめ

今なお余震が起きております。

今後も引き続き、地震の揺れには油断できなそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする