【緊急事態】JR西日本の列車運行状況/大阪府北部で震度6弱の地震発生

シェアする

6月18日午前7時58分、突如震度6弱の地震が大阪北部で発生、関西を中心の朝の通勤ラッシュを直撃しました。

これにより、各地でのインフラ破損、交通機関の乱れの様子をまとめました。

JR西日本の列車運行状況をまとめました。

スポンサーリンク

【北陸本線】 地震 運転取り止め(15時45分更新)

6月18日に発生した地震の関係で本日の運行は取り止める事が発表されている事から敦賀駅から姫路間の電車の利用は出来ません。

【北陸本線】運転見合わせ(14時25分更新)

6月18日に発生した地震の関係で北陸本線運転が見合わせされています。

【北陸エリア】旅行見合わせのお願い(11時15分更新)

スポンサーリンク

6月18日に発生した地震の関係で関西から北陸方面への旅行自粛のお願いがJR西日本より告知されています。

関西発、北陸方面への電車での運行は全線で運行休止されている事から車での移動が余儀なくされています。

しかし、電車の運休から大阪市内の環状線は激しい渋滞に見舞われる事が予想されます。

【近畿エリア】運行状況(16時21分現在)

京阪神・和歌山・北近畿地区では列車の運行の遅延、運転取り止めの区域が発表されています。

このため幹線道路の激しい交通渋滞が予想されます。

今後、列車の運行再開報告を待ちたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする