上蔀 圭の顔画像は?介護疲れ!?父親の胸を踏みつけ死亡傷害容疑逮捕

シェアする

うわひとみけい

父親の死因は失血性ショック、ろっ骨骨折。

今月14日、息子の上蔀 圭は容疑者は病気がちで寝ていた父親で明さんの胸を踏みつけ死亡させました。

男二人暮らしの家庭に何があったのでしょうか。

早速見て行きましょう。

スポンサーリンク

事件の詳細

事件は父親と二人暮らしの自宅で起きました。

京都府亀岡市西つつじヶ丘の住宅街

容疑者:上蔀 圭(うわひとみけい)(31)

被害者:上蔀 明(うわひとみあきら)(67)

状 況:病気がちで寝たきりに近い父親と二人暮らし

死 因:失血性ショック、ろっ骨骨折

容 疑:傷害致死の疑い


引用:TBSNEWS

今月14日、自宅で寝ていた父親の明さん(67)の胸を踏みつけるなどの暴行を加え、死亡させた疑いがもたれています。

上蔀容疑者は暴行後)父の意識がない」と消防に自ら通報。明さんは搬送先の病院で死亡が確認されましたが、不審に思った警察が司法解剖を行い、上蔀容疑者から16日任意で話を聞いたところ「父親を踏みつけた」と犯行を認めたということです。

引用:TBSNEWS

自ら消防に通報している事から殺意があったようには感じません。

容疑者も31歳とまだ若く、父親の介護が理由でまともに働く事が出来なかったのか?

ましてや息子が父親の介護をするのは精神的にも辛いものがあったかと思われます。

終わりの無い介護に疲弊していた事も予想され事件の背景を思うと胸が苦しくなります。

容疑者の顔画像や情報は?

スポンサーリンク

31歳とい年齢から何らかのSNSを利用していた可能性も考えられますが、本人の顔画像を断定できるまでには至りませんでした。

近隣住民から容疑者に対しての取材も行われなかったのか?情報が見つかりませんでした。

新たな情報が入り次第アップしていきます。

まとめ

終わりなき介護の過酷さから殺人事件・心中事件・自殺等と発展してしまう事もあり今後も日本の課題となっています。

今後さらに高齢化社会へと突入する日本で同じような悲しい事件が増えないよう地域とのコミュニケーションが大切と思われます。

介護は一人で頑張ろうとせずの地域包括支援センターや行政などどんなに小さなことでも早めの相談が解決への糸口となります。

最後まで読んでいただき有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする