【鳥取】中学生が盗難車両で単独事故、同乗者の友人路上に投げ出され死亡

シェアする

今月には中学卒業も控えていた中学3年と中学2年の男子生徒がとんでもない事件を起こしました。

早速見て行きましょう

スポンサーリンク

事件の概要

鳥取市の中学2年(14)と中学3年(15)の少年2人は6日午前4時ごろ、盗んだ軽トラックを運転して単独事故を起こし、荷台に乗っていた中学2年の男子生徒を死亡させた疑いが持たれています。

警察によりますと、軽トラックは中学2年の少年が運転し、中学3年の少年は助手席に乗っていて、荷台に乗っていた男子生徒が事故のはずみで外に投げ出されました。

3人は友人だったということです。

逮捕された2人は、転落した男子生徒を近くの病院に運んだ後、「事故を起こしました」と警察に電話していました。取り調べに対して「間違いありません」と容疑を認めています。

引用:テレ朝NEWS

スポンサーリンク

盗難された車両、鳥取市内の男性(68)の軽トラックは左側の車輪がパンクしホイルが潰れているのが解ります。

ぶつかり乗り上げた可能性も。

この状態では直進走行もハンドル操作は困難と思われかなりブレたと思われる。

無免許の少年が運転となると困難を極める事が想像される。

アクセルを強く踏んだら暴走しかねない状況。

荷台に居た14歳の少年は走行中、立っていたのか、座っていたのかは明らかにされていません。

関連は解っていませんが軽トラックのストッパーは外れていた。

少年らの詳細

運転の少年:14歳(中学2年)

助手席の少年:15歳(中学3年)

荷台に居た少年:14歳(中学2年)死亡

学校名など報道ではされてはいませんが今後解り次第追って報告致します。

少年らの逮捕容疑は

鳥取市の国道で6日未明、軽トラックの荷台から市立中学2年の男子生徒(14)が転落して死亡した事故で、鳥取県警鳥取署は同日深夜、自動車運転処罰法違反(無免許過失運転致死)と窃盗などの疑いで、運転していた同じ中学の2年の男子生徒(14)と、助手席に乗っていた別の中学の3年の男子生徒(15)を逮捕した。2人は「間違いありません」と容疑を認めているという。

逮捕容疑では、男子生徒らは5日夜から6日未明にかけ、鳥取市内の男性(68)宅からキーが付いたままの軽トラを盗み、中2の生徒が無免許で運転して6日午前3時55分ごろ単独事故を起こし、荷台にいた生徒を死なせるなどした疑い。中3の男子生徒は窃盗のほか、中2生徒が無免許と知りながら同乗した疑い。

引用:JIJI.com

少年らの顔画像は??

犯行を犯した少年らは未成年の為、顔画像が報道される可能性は低いとみられます。

しかし、現在のSNS等で画像が流出する可能性も否定できないといえます。

解り次第追って報告する予定です。

ネットの反応

自業自得。他に言うことは無いし同情の余地も無い。

中学三年生だと、この時期は私学や推薦なら高校進学先も決まって、友達と遊びあるいている子が多い。卒業式前で学校も授業はないし。はしゃぎ過ぎてしまうんだろうか。

結局のところ、みんなでクルマを盗みふざけて3人で乗りまくったあげくの事故でしょ。
亡くなった子にも問題あるでしょ、これは。

重い十字架をせおうことになりましたね。なくなった子供もかわいそうだし。
これは、この3人の親に重い責任があると思う。子供を夜中家から出したらダメです。夜は寝ないと。

自業自得との声や死亡した少年にも問題ありなど様々な意見が聞かれます。

親の監督責任も問われます。

まとめ

卒業、入学を今月に控えた中での事件に学校関係者にも衝撃が走った事と思われます。

中学生らに気の緩みがあった事は否定できません。

悲しい事に彼らは軽率な行動から友人を亡くしてしまった、

そして今後人とは違う人生を送らなければならないという事実です。

最後まで読んで頂き有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする