スタバで待ち合わせの黒人男性2人が逮捕「差別」だと物議を醸す

シェアする

大手コーヒーチェーン店スターバックスで起きた逮捕劇が人種差別では?

友人との待ち合わせで利用されるカフェで起きた騒動なだけに米国では物議を醸しています。

米国に差別が無くなる日は来るのでしょうか、、、

スポンサーリンク

報道の内容

HUFFPOSTを読んでいるとある記事が目に留まった。

その内容は「スタバ客席で友人を待っていた黒人男性2人が逮捕」との記事の内容。

スタバで友人の待ち合わせの何がいけなかったのでしょう、日本でもよくある光景なだけに衝撃が走りました。

当時の様子がTwitter、youtubeで報告されています。

「スターバックス。警官が呼ばれたのは、この男性たちがまだ注文をしていなかったから。でも、2人は友達が来るのを待っていただけ。実際、その友達は、彼らが手錠をかけられ、連れ去られそうになったときにやってきた。そこにいた白人はみんな不思議がっていた。私たちが同じ事をしても、こんなことは絶対に起きないから」

ビデオに登場するベストを着た男性は、アンドリュー・ヤッフェさん。

ヤッフェさんはビデオの中で、警官にこう尋ねた。

「彼らは、なんで通報されたんだ?」

「黒人2人がここに座って、俺を待ってたからか?」

ビデオには、次のような声も記録されている。

「彼らは何もしてなかったよ。私は全部見てたけど」

そんな声もむなしく黒人男性2人は警官らにより手錠を掛けられて連行されました。

警官の逮捕の理由は「不法侵入」との事。

それを聞いたヤッフェさんが「(逮捕は)差別だ」と抗議している姿が映っている。

ところで動画の撮影者と思われる人物の笑い声がところどころで聞こえるのは筆者だけでしょうか?

撮影者も面白がっている?意地悪い、、、と感じてしまいます。

この件についてスタバは謝罪

スポンサーリンク

画像には「このことを真剣に捉えております。店舗で、こうした事態が発生したときに、どう行動すべきかという問題については、しっかりと取り組みます。店のポリシーを見直すとともに、地域や警察と連携し、このような事が二度と起きないように取り組みます」などと書かれている。

店側のマネージャーは男性2人が逮捕されるとは考えていなかったしここまで大事になると思っていなかった、今回の件について同社CEOのケビン・ジョンソン氏のコメント全文。

警察は??

警官たちは丁寧に頼んだのに、2人は従わなかったし、態度が悪かったとロス氏は主張し、「警察はすべきことをしただけだ」と述べた。ロス氏は「私もアフリカ系アメリカ人の男性として、無意識の偏見のことはよくわかっている」「だから警察官も訓練を受けているのだ」と話した。

この件に関して警察に落ち度は無かったとする声明を発表「任務を遂行した」と発表しました。

市民からの通報で警官は仕事をしただけで連行されたのが黒人男性だった事が事を更に大きくしている様にも感じます。

連行された2人について、翌日の午前1時には釈放された事が解っており取り調べの結果、

2人には「犯罪の証拠がなかった」とし刑事責任は問わない事も明らかになっています。

発端はスタバ店員が警察に通報した事ですが、駆けつけた警官によるとスタバ店員は

「客がトイレを使わせてくれ」と店員に尋ねたが、店のトイレはお金を払った客向けなので出てもらう旨を伝えたがそれに従わなかった、

男性らはそれなら警察を呼べとの事なので店員は警察へ通報した。

自分達で解決は出来なかったのでしょうか、こんな事でいちいち呼ばれても、、、なんて警官らの愚痴も聞こえてきそうですがそこは仕事、もっと大事になっても困りますし。

そこで気になるが、通報した店員の人種。

今回の報道でそこまでは報じられていません。

もし店員がアフリカ系以外だったならば「差別の意識」存在していた可能性も否定出来ません。

米国の差別の意識の根深さについて感じずにいられないのと当時に米国に行った際は必ず注文し、代金を支払ってから席に着くトイレを借りるようにしようと心に刻みました。

日本での声は?

私もシドニーのホテルの中で店舗に座っていたら、何か注文しなさい・・と云われた事があったね。?
店員は2人にそう云えばよかっただけだよ。
客が警察を呼べと云ったってほんとに呼ぶのは無礼な態度だよ。

大げさな気がするが、お金を払わないで占有を認める訳にはいかない

友達が来てから、利用しないで出ていけば、購入せずに利用したことになるが。
友達と、新しいメニューを購入しようと待っていたのであれば、それは良くあることなのでは?
席につく前に購入しろとはなってないよね。
むしろ、席を確保してから購入してくれと促してないか?(一部抜粋)

引用:HUFFPOST

スポンサーリンク

シェアする

フォローする