Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【新潟遭難】渋谷さん親子と思われる遺体発見/霊視の結果とほぼ一致か、、、

シェアする

五頭連峰内で遭難した渋谷さん親子とみられる遺体が発見された件について、5月11日に2ch「心霊捜査専用」スレによる心霊探偵を名乗る人物の霊視結果に注目が集まっています。

スポンサーリンク

11日に書き込まれた霊視の内容とは

今回発見された遺体はコクラ沢付近で重なり合う様にうつ伏せで倒れている姿をヘリからの捜索隊に発見されました。

発見された場所は安易に人が近づく事の出来ない場所なのか、コースから大きく外れている為捜査の範囲外だったのでしょうか。

コクラ沢付近の状況について


引用元:http://sonosoranoshitade.web.fc2.com/

春の雪解けで沢の水量も多いのではないでしょうか。


引用元:http://sonosoranoshitade.web.fc2.com/

2015年にひろたさんにより作成されたコクラ沢の地図から見ても、人間の背丈以上の段差が沢の各所存在する。

中には25m級の滝まで。

地元阿賀野市内の山岳会のメンバーからも非常に深く険しい沢で安易に立ち寄れる場所では無く、行くには相当の技術と装備が必要な場所だという。

コクラ沢付近の状況が余りにも危険すぎる、、、

では一体どんな場所なのか、ひろたさん他2名によりコクラ沢付近の沢登りレポートを見る限り、とても危険な場所だという事が人目で解る。

引用元:http://sonosoranoshitade.web.fc2.com/

スマホを頼りに峰を歩いていたところ沢に滑落したとともわれ怪我を負って身動きが取れなくなってしまった可能性は?

この近辺で数日過ごした親子はどんなに心細かった事だろう。

スポンサーリンク

霊視結果との合致点

・最近崖崩れが起きている。

・道はなだらかだが、斜面は急になっている。

・川、あるいは水しぶきがかかるような場所の近く。

・最後の登山者に出会った場所から、道をずっと辿っていく。

・忠実に道をたどろうとしていて、事故に遭ったのは間違いない。

・道を辿りながら斜面の側に注目する事、滑った後があるはず。

どれも上記のひろたさんの写真から連想する事が出来る内容ではないでしょうか。

報道の内容の全容についてはまだ明かされていないが、コクラ沢付近の状況と霊視の内容が余りにも共通する点がある部分がかなり気になる。

事故の原因について

個人の推測によるものですが携帯ナビで忠実にコースを歩いていたところ、ながらスマホで足場の悪さに気が付かず、湿った斜面に足を取られて甲哉さんが滑落、その後を追って息子の空君が駆け寄るも怪我を追ってしまった父親に対し何も出来ず体力を消耗して行ったのか。

発見された時、遺体はうつ伏せで2体が折り重なるように倒れていたと報道されている事から

最後の最後まで親子は寄り添い、救助される望みを捨てずに待ち続けていたかと思うと涙が溢れる。

このような姿で発見され捜索に関わった方達、ご家族の気持ちを考えると悔しいとしか言えない。

山岳遭難の捜索期間が大幅に長引いた今回の捜索、3週間以上も捜索を継続する事は過去の事例を見ても稀だったのではないでしょうか。

それは「親子を何としても見つけ出す」との捜索隊員達の熱い意志によるものではと思われます。

諦めない気持ちが渋谷さん親子の発見につながった事は間違いない。

親族からの感謝の言葉

渋谷甲哉さんの父親で秀雄さんからは阿賀野署を通じ、

「捜索に当たっていた全ての方々に感謝を申し上げます」とのコメントが出されています。

小さな判断ミスが重なりこのような結果につながってしまい非常にやりきれない気持ちになります。

心からご冥福をお祈り申し上げます。

遺体の身元について(追記6/1)

コクラ沢付近で収容された父子の遺体について、阿賀野署の調べで2人の歯型から不明になっていた渋谷さん親子と判明した。

近くにはウエストバッグと、財布やスマートフォンが入ったボディーバッグのほか、空君がかぶっていた白い野球帽が確認されており、報道にもあった様に軽装で入山していた。

死因については2人共低体温症で死亡推定時刻は解っていない。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする