Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

新潟遭難親子、画像公開で情報呼びかけ、見えぬ手掛かり捜索はいつまで?

シェアする

渋谷さん親子が遭難して一週間以上が経過、連日捜索に関わる人員も連日大量に投入されていますが未だ手掛かり見つからず、県警は親子の画像を公開し些細な情報の収集にあたっています。

時間の経過と共に批判や応援の声も多く寄せられています。

山で遭難した場合、捜索はいつまで続けて貰えるのでしょうか。

身内にとっては辛い決断の時期、、、

スポンサーリンク

渋谷さん親子の画像が公開

5月5日、入山前に立ち寄ったコンビニの防犯カメラ画像に映った渋谷さん親子の画像が公開され、些細な情報の提供も呼び掛けられています。

登山道松平山での目撃情報によると、親子は軽装だった事から画像にある服装で入山した可能性は高いと思われます。

捜索に参加した現地からの報告

一般の方と思われる方から現地の状況と報告。

親子を心配する思いからかでしょうか。

草木が生い茂っている様子が解ります。

遭難に対し批判的な意見

5日の入山から一週間以上が経ち、親子の手掛かりがいまだ無い中、遭難した経緯が明らかになるにつれ、批判的な意見も目につきます。

13: :2018/05/13(日) 06:47:56.07 ID:FmyJO23b0.net
何で勝手に遭難したアホ探さなきゃいけないの

17: :2018/05/13(日) 06:50:52.58 ID:ymfUTU7N0.net
6歳の子供を連れているのだから、これは無謀な登山だよな

スポンサーリンク

遭難自体を疑う声も

余りにも手掛かりが見つからない事からか、遭難自体を疑う声すら聞こえてきます。

このほか応援、心配、祈りのコメントも多く見られます。

親や警察を責めるより、親子の無事を祈ってます。

引用:yahooニュース

錯綜した情報

5月11日、ミヤネ屋からの情報によると赤安山に登山届を出していたのは祖父だった事が速報で入りましたが、他メディアでは確定情報は出ていません。

赤安山登山口へ届け出の内容によると「午後2時入山、午後6時下山予定」

この事から午後2時に入山?山に入るには遅すぎる!と多くの意見が交わされました。

祖父はミヤネ屋の取材に対し
16時の電話で「帰り道で迷った今日は動かないで尾根に一晩とまるわ。近くに民家の灯が見える。その先に街の明かりが見える」 と言っていたと話す
7:22の下山電話でケガもなく元気そうだった「ナビ(GPS)見たら松平山と五頭山の間付近の手前のほうだ」と言っていたと話す
しかし捜索隊は初日に家族情報から赤安山を探している

捜索終了の時期は?

警察、消防の公的機関の捜索する期間について、具体的な日数は明らかとされてません。

というのも遭難に関しては、山の状況も違ければ天候もその時期によって全く違うのが理由です。

共通するのは主に「生存の望みが消えるまで」だそうです。

何をもって生存の望みが消えるかは、遭難場所、状況、天候等ケースバイケースで違ってきますが、祈る気持ちで待ち続ける家族に「捜索を打ち切ります」とはさすがに言えません、、、

多少の考慮を入れても延長は1~2日、以降の捜索に関しては民間の山岳救助団体へ実費で依頼となり、家族は捜索に掛かる費用とも闘う事になります。

まとめ

遭難した日から10日以上が経ち、未だ行方がつかめない状況に何故?と疑念を抱いています。

一日も早く発見される事を祈るばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする