南正伸容疑者(69)の家族は?息子が専務で家族経営!?

シェアする

南正伸容疑者(69)は強制性交致傷の疑いで逮捕。

被害者は同じ会社に勤務する50代の女性との事、年齢からみてもお互いに家族がいるのでは?

その辺りを探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

机の下に隠しカメラ

FNNの報道によりますと、運送会社を経営してる南正伸容疑者が、

同じ会社に勤める従業員で50代の女性の机の下に、隠しカメラを設置した当時の映像が報道されています。

設置してからのスイッチオンでもよさそうですが、南容疑者は設置する段階から録画をしていた事により、事件の終始を自ら録画してしまった様です。

引用:FNN

これは恥ずかしすぎる、、、

録画された時間を確認すると、

2019年4月23日 19時14分 と表示されています。

おそらく事務であった50代の女性社員が帰宅した後、その隙を狙って設置したと思われますが、隠しカメラを設置したのが社長という事に、社員一同も驚きを隠せないのではないでしょうか。

運送会社はどこ?

この事件が起きたのは富山県砺波市にある運送会社、とまでしか報道されていません。

そこでGoogleで富山県検索をかけてみると「エスティ通商運輸株式会社」が南容疑者が社長を務める運送会社ではないか、と憶測でいわれています。

更に、2015年から専務取締役を務める、南圭一郎氏をFacebookで検索をかけると、

圭一郎氏と思われる人物がヒットし、職場はエスティ通商運輸株式会社で登録がされています。

今回逮捕された南正伸容疑者の実の息子さんであった場合、父親が犯した罪で息子も容疑者の息子としてネットで晒される事態になっているとしたら、

「おやじ、何やってんだよ!!」

「何してくれるんだよ!!」

という言葉が聞こえてきます。

スポンサーリンク

南正伸容疑者の詳細

氏名:南 正伸(みなみ まさのぶ)

年齢:69歳

住所:砺波市東保

職業:運送会社社長

家族:世帯主の可能性あり

一家の長が、なんとも卑猥な事件を起こしたことで今後の運送会社の運営に暗黙がよぎりますが、後任の方に何とか頑張ってほしいですね。

50代の被害者女性と南社長との関係は?

今回、50代の被害者女性の通報で事件が発覚した様です。

みなみ容疑者と、被害者女性の間柄が気になりますね、南容疑者はなぜ、妻が居ながらも従業員である50代女性に危害を加えたのでしょう。

南容疑者の主な危害について

関係者によると、南容疑者は事務所の机の下や、女子トイレに隠しカメラを設置し性的な嫌がらせを繰り返していたようです。

一度隠しカメラが発覚した時点で、会社を退職するなり、警察へ被害届を出すなり方法はあったと思いますが、

被害者女性も良くここまで耐えたな、と少々感心してしまいます。

逮捕の決定となったのは2日の朝、50代の女性を脅迫し、暴行を加え、手やひじに全治2週間のけがを負わせ、被害者の関係者から警察へ被害届が出されました。

時間帯からも朝から嫌がらせをしていたとなると、被害者女性にとっては非常にストレスで恐怖だったと思われます。

被害に遭った50代の女性はどんな人物?

今回被害に遭われた女性に夫やお子さんの有無については触れられていませんが、

南容疑者が一方的な好意を抱いていた事は確かと思われ、魅力的な女性だったのではないでしょうか。

おわりに

これらの行動は南容疑者の好意が行き過ぎ、ストーカーと化していた様子がわかります。

ストーカーは行き過ぎると殺害事件等、悲惨な結末を迎えるパターンも少なくありません。

運送会社の専務が実の息子であった場合、社内の隠しカメラが設置されていた噂などは息子の耳に入らなかったのかという点です。

それとも息子が専務として会社に籍を置いているのは、形式的なだけだったのでしょうか。

その点も非常に気になります。

最後までお付き合いいただきありがとうございまいました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする