Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

内藤健一容疑者の顔画像は?飲酒ひき逃げで被害者引きずり死亡/刑事罰について

シェアする

2日深夜11時に千葉県浦安市で起きたひき逃げ事件で

当時友人とツーリング中だった梓隼輔さん(18)が死亡した事故のひき逃げ犯の

内藤健一容疑者(49)が逮捕されました。

飲酒ひき逃げ事件の刑事罰についても触れたいと思います。

スポンサーリンク

事故の詳細について

 千葉県浦安市富岡4丁目の国道357号で2日午後11時50分ごろ、さいたま市緑区の大学1年、梓隼輔(あずさしゅんすけ)さん(18)が運転するバイクが軽乗用車に追突された。軽乗用車は梓さんを引きずったまま約1キロ走行して逃走。梓さんは頭を強く打つなどして病院に搬送されたが、約5時間後に死亡が確認された。

県警浦安署は3日、目撃証言などから軽乗用車を特定し、運転していた東京都江戸川区中葛西6丁目の内装工、内藤健一容疑者(49)自動車運転死傷処罰法違反(危険運転致死)と道路交通法違反(不救護・不申告)の疑いで逮捕し、発表した。内藤容疑者は調べに「ぶつかったが、人を巻き込んだとは思わなかった。千葉市で酒を飲んだ後に運転していて動揺した」と話しているという。

引用:朝日新聞デジタル

事故の原因は飲酒運転だった事が明らかとなり、

飲酒運転については近年騒がれているにも関わらず何故との思いが込み上げます。

この事故で友人とツーリングをしていた梓さんが事故に巻き込まれ、

内藤容疑者の運転する車体の下に巻き込まれてしまい

頭を強く打ち病院で5時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

付近には梓さんの服やバイクの部品が散乱し、梓さんのバイクは現場付近に倒れた状態で発見、内藤容疑者の後続を走行していた男性から110番通報が入りました。

内藤健一容疑者の詳細・顔画像等について

スポンサーリンク

内藤容疑者は実家のある千葉市内で缶酎ハイを飲んだ後、

住まいのある東京都江戸川区へ帰宅途中でした。

実家の家族は内藤容疑者の飲酒運転について注意をしなかったのでしょうか、

それとも内藤容疑者は家族の忠告を無視して運転に至ったのでしょうか。

内藤容疑者の起こしたひき逃げ事故は家族にとっても責任があるとも言えるのではないでしょうか。

引用:ANN

氏名:内藤健一(ないとう・けんいち)容疑者

年齢:49歳

住所:東京都江戸川区

職業:内装工

容疑について:一部を否認

当時の状況については警察の調べに対して

「千葉市内で缶酎ハイを飲んだ。居眠りに近い状態でぶつかり、パニックになった。ひいたのは車の部品だと思った」

引用:千葉日報

と話ておりますが、

「何かを引きずった感覚はあったが人だと思わなかった」

という言い逃れとも受け取れる発言を残しています。

確かに相当な動揺があった事と思われますが、

被害者を振り払って逃げる等、動転していたでは済まされない、

本質に根本的な歪みがあるのではないでしょうか。

事故を起こした軽ワゴンは内藤容疑者会社所有と見られ、

内藤容疑者の住む自宅近くのコインパーキングで発見されました。

内藤健一容疑者の顔画像は?

Facebookにて名前でアカウント検索を行いましたが

内藤容疑者の顔画像を見つける事は出来ませんでした。

今後の報道で新たな情報が入り次第追記して行きます。

飲酒ひき逃げ事件の刑事罰について

今回のひき逃げで逮捕容疑が危険運転致死の疑いで逮捕されており

被害者を死亡させている事から罰則は20年以下の懲役が下される事が高いと思われます。

この事についてはネットの意見によると殺人罪が妥当、という意見も少なく無く、

もし、殺人罪が適用されたならば死刑や無期懲役の罰則が下される事になります。

飲酒運転でひき逃げし、被害者を死亡させる事はそれ程罪という事がいまだに認知されていないのか、軽く見ているのか、いずれにしても社会問題である事は言うまでもありません。

ネットの反応について

・これは殺人だ。
車で轢いたのは事故かも知れないが、自己保身のため被害者を救護せず引きずり続けた行為は殺人に当たる。

・飲酒運転がバレるのが怖くて逃げたと言う予想を多くの人がしたと思います
己の不始末から逃げる為に他人の命を奪う行為は同情の余地は無いと思います

・道路交通法の改正を早急にお願いします。
バイクを跳ねたまでは、事故だがその後、わかっていて救護せずに引きずって重度の怪我を負わせれば殺人未遂、死亡者が出れば殺人罪
いくら車に乗っている状態でもこれじゃ倒れてる相手をナイフで刺したのとなんら変わらない。
飲酒運転の罰則を強めるだけでなく、こういったひき逃げを減らす為には、飲酒がバレるよりも逃げた方が大変な事になるよう明確な法律の見直しが必要だと思う。

・最近は悲惨な事故が多過ぎますね、
道路法も厳罰化に変えるべきでは無いですかね、
公安委員会殿、加害者を擁護する判決でも良いですが、
加害者に寄る前代未聞の事件が多すぎますので
多大な過失事故には厳罰で対応してください、先の東名の煽りでの
事故も以上でしたが、刑罰が余りにも軽すぎるきらいが有りますので
是非厳罰を、

引用;yahooニュース

まとめ

前途ある若者の命がこのような事件に巻き込まれ失われた事に

ご家族様の事を想うと言葉が見つかりません。

この様な事故がこれ以上起きない事を願うばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする