Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中村外士雄被告の顔画像がこちら!妻とは再婚?麻酔の大量投与事件

シェアする

妻への局所麻酔を投与し、中毒症状に陥っていたにも関わらず放置し、

死亡させ医師の中村外士雄被告が逮捕された。

評判の良かった医師に一体何が起きていたのか?

スポンサーリンク

事件の概要について

毎日新聞他、メディア各局が下記のニュースを報じ話題となっています。

局所麻酔薬を投与し中毒症状に陥った妻を放置して死亡させたとして、福岡県警は5日、北九州市八幡西区幸神2、医師、中村外士雄(としお)被告(69)=詐欺罪で公判中=を保護責任者遺棄致死容疑で再逮捕した。県警は認否を明らかにしていないが「異変を感じたが放置して寝てしまった」と供述しているという。

引用:毎日新聞

局所麻酔を投与し、妻に異変を感じていたにも関わらず、就寝する事に疑問。

逮捕容疑は?

逮捕容疑は昨年4月1日午前1時半ごろ、当時住んでいた同市小倉北区のマンションで妻の直美さん(当時63歳)にリドカインを成分とする局所麻酔薬を多量投与し、中毒症状になったと認識しながら医療措置をとらず、同3時ごろ、急性リドカイン中毒で死亡させたとしている。


引用;rkb

県警による発表は?

県警によると、同6時半ごろに中村容疑者が知人に「妻が冷たくなっている」と連絡し、自宅に来た知人が警察や消防に通報。

直美さんは寝室のベッドの上でうつぶせで倒れており、その場で死亡が確認された。直美さんは普段から肩などに痛みを訴え、中村容疑者が5、6年前からリドカインを注射器で投与していた。「(事件時は)妻の痛みが激しかったため、いつもの数倍の量を投与した」と説明していたという。

過去2回の逮捕歴が明らかに

中村容疑者は自身の医院(閉院)で診療報酬を架空請求して計約67万円をだまし取ったとして、8月に詐欺容疑で2回逮捕されていた。

過去に逮捕歴があり、現在公判中の身にも関わらず、

犯罪体質を疑ってしまいます。

中村外士雄被告について

スポンサーリンク

引用;rkb

名前:中村外士雄(なかむら・としお)

年齢:69歳

職業:医師

勤務先:幸神クリニック

住所:北九州市八幡西区幸神

学歴:産業医科大学に所属していた?

家族構成:妻で死亡した直美さんは再婚の後妻!?(享年63歳)

逮捕:再逮捕

その他:中村容疑者は今年8月、自身の医院で診療報酬などを架空請求したとして詐欺の疑いで2回逮捕。その後起訴され、現在公判中だった。

中村被告の余罪の内容は?

北九州市の病院院長が8月5日、不正に診療報酬を請求して北九州市から8万円あまりをだまし取ったとして、詐欺の疑いで逮捕された。逮捕されたのは、北九州市八幡西区幸神の「幸神クリニック」院長の中村外士雄容疑者(68)。中村容疑者は、2014年12月から翌15年11月までの間、重度障害の女性患者を診療した実績がないのに診療したように装い、11回にわたって国民健康保険団体連合会を通じて診療報酬を不正に請求し、北九州市から計8万2,980円をだまし取ったとされる。
なお、警察は中村容疑者の認否を明らかにしておらず、詳しい経緯や余罪について詳しく調べていく方針。(2018年08月06)

引用;https://www.data-max.co.jp

他にも、

警察によりますと、中村医師は、おととしの2月から去年10月までの1年9か月間に、重度障害の患者の男性を診療していないにもかかわらず、診療したように装って不正に診療報酬を請求し、

91回分の診療報酬に当たるおよそ60万円を北九州市からだまし取ったとして、詐欺の疑いが持たれています。中村医師は、同じような手口で診療報酬をだまし取ったとして今月5日に逮捕され、24日、詐欺の罪で起訴されました。警察によりますと、中村医師は調べに対し、容疑を認めているということです。

引用;福岡ニュース

医療費の架空請求で2回逮捕されています。

これまでの妻の健康状態は?


引用;rkb

中村被告の妻の直美さんは5、6年前から普段から肩の痛みを訴えており、

局所麻酔のリドカインを注射器で投与していたとされています。

直美さんにどの様な持病があったかについては明らかとされていませんでしたが、

夫として、医師として妻の痛みを和らげてあげたいという気持ちは少なからずあったと思われます。

事件時は

「妻の痛みが激しかった為、いつもの数倍の量を投与した」

と説明していますが妻が亡くなっている以上、

事件当時は普段の痛みよりも、肩の痛みが激しかったかどうかについては

不明です。

医師であれば、どのくらいの量の投与で急性ドリカイン中毒を引き起こすか知っていたと思われ、故意に投与されたか否かが問われるのではないでしょうか。

今回死亡した妻は再婚した後妻であった可能性が投稿サイトで指摘されています。

幸神クリニックの院長について良くない話しを聞いて驚いて検索してたのですが、病院としても評判良くないんですね。
聞いた話は、院長の話と院長の今の奥さんの話で、医療には直接関係ないので書かないことにします。
私の姉が最近まで息子を通わせていたのですが、看護師さんの対応が良くなかったそうで院長は普通だったそうです。
私が通った話としては、、、幼い頃に通っていて最後に行ったのは10年程前の高校生でしたが、その時唇が少し荒れていて(唇の荒れを見てもらいに行った訳ではありません)それを院長から激しいキスでもしたの?と聞かれて心底うんざりした記憶があります…。
他の診察とかは特に良くも悪くも無く普通だったのですが…うーん…自分の子供は連れていかないな。

引用;http://www.machi.to/bbs/read.pl?IMODE=TRUE&KEY=1048873318&BBS=kyusyu

かつては評判の良かったクリニックが悪評されるきっかけは何だったのでしょうか。

幸神クリニックについて

報道されている住所を頼りに検索すると、

以下のクリニックがヒットしました。

地上三階建てと思われる2階部分で「幸神クリニック」を開業していた事が解ります。

住所:北九州市八幡西区幸神

名称:名称医療法人幸神クリニック

診療科目内科:小児科 呼吸器内科

現在「幸神クリニック」の看板は撤去され、

既に廃業している事が報道ら解ります。

引用;rkb

[幸神クリニック]の口コミは?

クリニックの口コミ評価はどうだったのでしょうか、

近年の投稿は見られませんでしたが過去の口コミには以下の様な内容が投稿されていましたのでご紹介いたします。

先生は温厚な方で、話しやすいと思います。
受付の方もはきはきしていて、気持ちがいいです。2013年4月

先生は、話し方が優しく、息子は先生の事が好きで診察中は嫌がらず、ニコニコしています。説明も詳しくしてくれますし、こちらの質問には丁寧に答えてくれて時間をかけてじっくり診てくれるので、安心できます。2010年12月

どんなに忙しい時も一人一人しっかり診てくれて、話も親身になって聞いてくれるので、とても話しやすいです。
バタバタ遊びまわる子が居ても、決して怒る事無く、優しく対応してくれます。
なかなか治らない風邪に主人も一度お世話になった時には、ちょっと診てもらっただけで、肺炎を見抜いてもらい、すぐに完治しました。2010年12月

先生一人 看護師さん一人 受付の方一人です。
先生は穏和な感じの方で、ゆっくりお話してくれます。
じっくり見てくれるし、色々話しかけてくれて不安な気持ちが和らいだりしました。看護師さんもテキパキしてるけどいつも笑顔で対応してくださいます。2008年4月

長女の時だったので新米ママでなんかあると駆け込んでました。看護婦さんも親切で一生懸命でした。1996年12月

参考;http://women.benesse.ne.jp

口コミの内容からは親身で丁寧な印象しか受けませんが、投稿された時期は10年以上のものしかありませんでした。

上記に書きました悪い評判とは真逆で当時は地元のママさんからは信頼されているクリニックであった事が解りますね。

時が経ち、診療の方針が変わってしまったのか、

再婚が理由なのか。

まとめ

中村被告にどの様な変化があり、犯罪を繰り返す過ちを犯してしまったのか、

闇の部分がきになる事件です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする