Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

無水エタノール100%活用術/キッチン周り編

シェアする

あなたは無水エタノールという存在をご存知でしょうか。

実はこの無水エタノール、これからやってくる湿気の時期の対策に大いに大活躍してくれる優れものなんです。

その用途をご紹介いたします。

スポンサーリンク

無水エタノールとは?

エタノールはアルコール類の中で、最も身近に使用される物質の1つです。
殺菌・消毒のほか、食品添加物、また揮発性が高く燃料としても使用されます。

歴史は古く、エタノールの蒸留は紀元前にアレクサンドリアで行われたと言われています。
日本では1873年に焼酎を再留したのが始まりと言われ、主に発酵法により製造されています。
原料として白糖、糖みつ、果汁みつのような糖質原料やバレイショのようなでんぷん質などを使用しています。

現在でも、消毒、掃除など幅広い用途で用いられています。

キッチン周りのお掃除にも

キッチンを清潔に保つ為に除菌関連グッズは沢山発売されていますが、全部買いそろえるのは得策とは言えません。

そんな時にも役立つのが「無水エタノール」です。

精製水とお気に入りのアロマオイルで薄めて除菌スプレーを作ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

【用意する物】

無水エタノール…80ml
・精製水…20ml
・スプレーボトル(アルコール可のもの)
・マスク(長時間になる場合などに必要に応じて使用)
・ペパーミント、レモンの精油など合わせてお好みで(計20滴程度まで)
・ゴム手袋
・ガラス製のコップなど

【手順】

  1. 無水エタノールと精製水をそれぞれ分量通りに計る。
  2. 無水エタノールの中に精油をお好みで入れて良く溶かす。
  3. 精油が溶けたら、精製水を入れて良く混ぜ、スプレーボトルに入れてできあがり。

【使い方】

スプレーをそのまままな板や包丁などにシュッとひと噴きしてもOK。

クローブやタイムなど殺菌力の強い精油を加えると、三角コーナーや排水溝などの除菌にも使えます。

※無水エタノールはアルコール成分を含んでいる為、火器の周辺での使用はおやめください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする