Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

決済アプリ「PayPay」の使い方は?導入店舗のメリットについても解説!

シェアする

ここ数年急増しているスマホによるアプリ決済。

2018年10月から新たにスマホ決済アプリ「PayPay」のサービスが開始され話題を呼んでいます。

これまでもスマホによる決済アプリは提供されていますが、

後発である「PayPay」が話題を呼んでいる理由利用者に対し、

100憶円キャッシュバックされるからであります!

スポンサーリンク

PayPay(ペイペイ)とは??

PayPayはソフトバンクとヤフーが共同で設立したPayPay株式会社が運営する

QRコード決済サービスです。

基本的に利用に関しては無料で、スマホにPayPayアプリをインストールして利用します。

利用できる店舗は現段階では限られていますが、

順次、利用できる店舗を拡大して行く方向との事なので期待したいですね。

PayPay(ペイペイ)の利用に必要なもの

PayPayを利用するにはインストールしたアプリの設定が必要になります。

登録を完了する為に必要なものは以下の通りです。

  • 銀行口座
  • クレジットカード

上記2点は他のアプリ決済でも必要となります。

PayPayの支払い方法は3つの中から選べる!

  • PayPay残高
  • Yahoo!マネー
  • クレジットカード

上記3つの中から選択し、支払い方法を分ける事が出来ます。

導入店のメリットとは?

PayPayによるスマホ決済を導入検討している店舗側のメリットの魅力は

初期導入費・決済手数料・入金手数料が0円となっています。

QUICPayを例に挙げると、スマホに内蔵されたICチップを読み取る為の機器を導入しなければなりません。

その点、PayPayはQRコードを読み取り決済できるので導入したいけど、初期費用が掛かるから、故障したらメンテナンスが、、、

等で躊躇していた店舗側さんへのメリットは大きいと言えます。

PayPayが利用できる店舗には専用のQRコードが提示されており、

お客は店舗用のQRコードを読み込むだけ!

個人的に良いと感じている点について述べさせていただくと、

スマホ決済システムによる支払時、決済時に指紋認証が必要となり

レジ前で指紋が認証されず、てこずった経験をお持ちの方は居ませんか?

レジ前でもたつくと後ろに並んでいるお客さんに迷惑掛かるな、、、

なんて妙に焦ってしまい、それ以降、便利だとは思いつつも、

財布から小銭を出しては

「スマホ決済出来るにも関わらずアナログだなぁ、、、」

と思いながら財布の中をチャリンチャリンと小銭で支払った経験はございませんか??

その点、スマホさえ故障していなければQRコードを読み込むのに

そう時間はかからないはずで利用者側の

「今日の指紋はどうだろう?」

という余計な心配も無用ですね!

100億円あげちゃうキャンペーンは無くなり次第終了

スポンサーリンク

同キャンペーンについて、2018年12月4日9:00~2019年3月31日23:59の期間中開催されています。

しかし、100憶円が無くなり次第、キャンペーンは終了する事について既に告知されていますので早い物勝ちとなっています。

キャンペーンの詳細について

同キャンペーンにはいくつか条件があり、まずPayPay登録を済ませており、PayPay加盟店でPayPay決済で支払った方が対象となります。

決済利用金額の20%相当がPayPayボーナスとして後日付与され、上限については1人に付き、上限5万円相当とされています。

まとめ

支払いの多様化で使い方がいまいち解らずキャッシュ支払いを続けている方も多いのではないでしょうか。

しかし、多少知識を入れる事により、購入した数%分が還元されたりとメリットも多くあります。

今後は導入店舗側のわかりやすいアナウンスが生き残れるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする