【大阪豊中市】エアガンで69歳の母親撃つ41歳の息子の顔画像は?

シェアする

先月28日、大阪府豊中市で息子が69歳の母親をエアガンで撃つ事件が起き、

傷害容疑で41歳の息子が逮捕されました。

通常の思考で考えても高齢の母親をエアガンで撃つとはよほどの事があったのか、

事件の経緯について探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要について

産経新聞他、メディア各局が下記のニュースを報じ話題となっています。

全長約1メートルのエアガンで母親(69)を至近距離から撃ってけがをさせたとして、大阪府警が傷害容疑で、同府豊中市の会社員の息子(41)を逮捕していたことが2日、捜査関係者への取材で分かった。エアガンはかなりの威力があり、母親の体は赤く腫れ上がった。息子は容疑を認め、

「仕事のことで口論になり、かっとなって撃った」と供述しているという。

逮捕容疑は10月28日午後、豊中市内の自宅で、全長約1メートルのショットガンタイプのエアガンで母親を複数回撃ち、背中や手など10カ所以上にけがをさせたとしている。

エアガンは金属や樹脂で作られており、引き金を引くと、1度に複数の弾が発射されるタイプ。同種のエアガンでは射程が数十メートルに達し、購入に年齢制限が設けられているものもある。府警が自宅を家宅捜索したところ、ほかにもエアガンが見つかったという。

母親と息子は2人暮らしで、息子と口論になった母親が「早く来てください」と110番。府警豊中署員が自宅に駆けつけたところ、母親の背中などが赤く腫れていたため、事情を聴くと「息子にエアガンで撃たれた」と説明したという。

引用:産経新聞

事件をまとめると、、、

■母親と仕事の事で口論の末、感情的になり母親をエアガンで撃った。

■41歳の息子の部屋からは他にもエアガンが発見されている。

なんとも末恐ろしい息子であります。

傷害容疑で逮捕された息子の顔画像は?

スポンサーリンク

69歳の母親をエアガンで撃った息子についての情報は現段階では以下の通りです。

氏名:不詳

年齢:41歳

住所:大阪府豊中市

その他:母親と2人暮らし

職業:会社員

容疑:傷害容疑

現段階では氏名が公開されていない事から

本人の断定のしようがありません。

今後何らかの情報が入り次第追記して行きます。

犯行の動機について

スポンサーリンク

犯行の動機については

「仕事の事で母親と口論になり、かっとなって撃った」

と供述している事から、41歳の息子は母親の小言にキレた事が原因ではと思われます。

一体どんな小言だったのでしょうか?

口論の内容としては親の愛情から出た言葉だったのではないでしょうか?

41歳の息子には親の愛情も届いていなかった結果、

母親をエアガンで撃つというとんでもない行動に至ったと思われます。

母親を撃ったエアガンは全長1Mで、引き金を引くと一度に複数の弾が発射され、

狙い所によっては致命的な傷を負っていた可能性も考えられます。

このままでは身の危険を感じたのでしょうか、

母親自らが110番通報で息子に撃たれた事を説明しました。

エアガンで撃たれた場所は?

スポンサーリンク

口論の末、母親は背中をエアガンで撃たれ、

赤く腫れていたとの事です。

連射で背中を撃たれたと思われ背中の各所が赤くはれていたのではないでしょうか。

エアガンで撃たれた場合、どの様な傷になるのでしょうか?

エアガンで撃たれた場合は?

下記の画像はエアガンで1発撃たれた場合の痕です。

弾が当たった箇所は赤く腫れ、見るだけでも痛そうです。

ネットの反応は?

・自分の分身を警察に通報しなければいけなくなるとはね。皮肉にも。
子育てが終わった後の親子の距離の取り方はとても難しいのかな?
それも含めて子育てなのかもしれない。

・41歳が、至近距離で打ったらどうなるかわかるはずで、やってはいけなかったけど、我慢できなかったんだ。親も五分五分で、お互い様って感じなのかな。私も今40歳だけど、手こそあげないものの、母親に対して思春期のように押さえられない怒りがこみ上げることはある。こういう時第三者からみて、傷の深い方がかわいそうになるけど、どっちもどっちなことが多いのでは?親子だから似てるんだ。

・人に向かってエアガンを打つという事は 動物や小さな子供にもやっている可能性大。
きちんとした捜査をお願いしたい。

・BB弾で良かったと思いたい。アメリカなら実弾ですね。

・41歳、独身、親と同居。フラグ立ちまくってるなー

・さすがいつもの安定の大阪の日常風景でんなー

引用;yahooニュース

まとめ

如何なる理由があってもエアガンで人を撃って良い理由などありません。

しっかりと反省してもらいたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする