Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

河合幹夫容疑者たばこのポイ捨て注意に逆切れ「わし、わからんわ、好きにして」

シェアする

自身のたばこのポイ捨てを注意され、逆ギレし男性を引きずる事件が起きました。

正論を注意され、そこまで怒り心頭する?!

容疑については開き直りともとれる発言に波紋を呼んでいます。

スポンサーリンク

報道の内容

逮捕されたのは、大阪市西淀川区に本社を置く大阪山陽タクシーの運転手・河合幹夫容疑者(69)です。

河合容疑者は22日午前0時半すぎ、福島区吉野の路上で、タバコのポイ捨てを注意した建設作業員の男性(40)と口論になり、タクシーの後部座席の窓枠につかまっていた男性をおよそ20メートルにわたって引きずった疑いがもたれています。警察によりますと、男性は腕やひざに擦り傷を負う軽傷です。

河合容疑者は、タクシーでそのまま走り去りましたが、男性が河合容疑者の名札や会社名を覚えていました。取り調べに対して河合容疑者は、「わし、わからんわ。好きにして」と容疑を否認しているということです。(23日05:15)

引用:http://news.tbs.co.jp/

容疑者の詳細

氏 名:河合 幹夫

年 齢:69歳

職 業:タクシー運転手

会 社:大阪山陽タクシー

引用:http://osaka-sanyo-taxi.sakura.ne.jp/

顔画像やSNSは?

容疑者についてSNSアカウント検索をしましたが本人の断定までは至りませんでした。

年齢からもSNS等の活用はされていない可能性の方が高いと思われます。

現場は?

大阪府福島区吉野の路上で起きました。

容疑者の行動の考察

原因は建設作業員の男性(40)に注意された事がきっかけの様ですが、何故そこまで怒り心頭したのでしょう。

「ポイ捨て禁止」の看板は街を歩けば至る所で見かけますが、注意の仕方に原因があった可能性も否定できません。

後ろの窓枠に捕まる男性を20mに渡り引きずった容疑については

「わし、わからんわ、好きにして」

と容疑を否認しています。

この言葉から意固地になっているか、ただの頑固者との印象しか無く、反省の色の微塵も感じません。

この件で引きずられた40歳の建設作業員は腕や膝に擦り傷を負いました。

目立つ高齢者の愚行

高齢者のマナー違反については度々ネットでも話題に上がります。

今後日本は高齢化社会に向かって行くに連れ「老人ファースト」の時代になる!?

ネットの反応

こういう類のじいさんが多い。

最近イライラ、キレやすい老人が増えているような気がする。
タクシーは客商売でしょ?しかも営業中だよ。
定年後にタクシー運転手になる人もいるから、そういう人達の中に意識が低い人がいるのかな。

事件は別として、大阪のタクシー運転手ってほとんどこんなもんよ。

ポイ捨て、方向指示器出さずに曲がる、煽り、赤信号無視。ルール守らない人には厳罰を。こちらが真面目に守っていても事故になります。

昔は自動車学校に鬼教官みたいな人がいたが、今はサービス業みたいになっているのかな?

まとめ

タクシー運転手に関して様々な意見が交わされていますが、全体的にマナーを指摘する声が多く見られます。

基本的なマナーが欠如しているタクシーには乗車したくありませんね。

シェアする

フォローする