中川伸幸容疑者の家族や子供の顔画像は?横領した金でローン返済や旅行で豪遊!?

シェアする

誰もが知る日本の優良企業、京セラで当時経理を担当していた中川伸之容疑者が

売り上げを自分の口座へ横流しし、横領した額およそ1億2600万円にも上り容疑について概ね認める発言をしています。

お金の使い道やその家族について調べを進めて行きたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要について

TBS他、メディア各局が下記のニュースを報じ話題となっています。

電子部品大手の「京セラ」で経理責任者をしていた元社員の男が、架空の支払いで会社からおよそ3700万円をだまし取ったとして逮捕されました。被害総額は、1億2000万円あまりに上るとみられています。

詐欺の疑いで逮捕されたのは、京セラの神奈川県秦野工場の元経理責任者・中川伸幸容疑者(52)です。

警察によりますと、中川容疑者は2012年9月、実在する商社への架空の取引を装い、自分の口座に金を振り込むなどの手口で、会社からおよそ3700万円をだまし取った疑いがもたれています。

去年7月、別の社員が不審な取引に気づいたことで発覚し、京セラは、中川容疑者を懲戒解雇とした上で、今年2月、およそ1億2600万円を着服したとして刑事告訴していました。

だまし取った金は住宅ローンや遊興費にあてていたとみられていて、中川容疑者は調べに対し、容疑をおおむね認めているということです。

引用:TBS

中川被告の横領はさかのぼる事6年も前から行われていた事が解っています。

それがつい最近までばれなかった事が不思議ですが、大企業が故の問題があるのかも知れません。

中川伸幸容疑者の詳細と家族の画像は?

引用:TBS

氏名:中川伸幸(なかがわ・のぶゆき)容疑者

年齢:52歳

住所:埼玉県朝霞市朝志ケ丘

職業:京セラ秦野工場の経理責任者(2017年7月懲戒解雇)

逮捕容疑:横領・詐欺容疑

容疑について:概ね認めている

犯行の詳細は?

警察の調べによると中川容疑者は2012年9月に

実在する商社との架空取引を装い、

自分の口座に金を振り込むなどの手口で3700万円だましとった疑い。

当時の年齢は46歳前後で、勤めていた秦野工場の経理責任者に就任した辺りと思われます。

これまで横領した金額は1憶を超えており、

横領した金の使い道は住宅ローンや遊興費として消えて行ったと供述している事から

住宅ローンは繰り上げ返済で完済したと思われ、

更には旅行や買い物も楽しんだのでは?

住宅を購入している事から中川容疑者の家族にも迫ってみたいと思います。

中川伸幸容疑者の妻と子供は??

妻と子の手掛かりを探るべくあらゆる手段で検索を掛けましたが

有力な情報を入手するに至っていません。

中川容疑者の年齢的にも、住宅を購入している事も考えると家族の為に家を購入したと思うと世帯持ちだった事が考えられます。

中川容疑者の自宅があると言われている埼玉県朝霧市朝志ヶ丘はどんなところなのでしょう、

調べてみると綺麗に区画整理された住宅が並ぶ地域の様です。

この内の一軒に中川家があると思われ、

その支払いは京セラから横領した金で完済されたとおもわれます。

妻は夫の羽振りの良さに何とも思わなかったのか疑問

スポンサーリンク

中川容疑者に妻がいる確定した情報は現段階で得られていませんが、

もしいたとするならば、2012年の段階で年収の数倍と思われる

3700万円近くの金が手に入り、

一気に生活スタイルが様変わりしたと思われます。

その事に妻は何の疑問も持たなかったのか?

そこの部分についても気になります、

夫婦共に捕まる覚悟で刹那的に豪遊を楽しんだのか

逮捕されたら自己破産でもすれば良いとの考えがあったかは不明ですが、、、

人としてかなり問題があると思いませんか?

そんな中川容疑者が懲戒解雇された京セラには立派な経営哲学が掲げられています。

その一部をご紹介します。

京セラソロフィの基本的な考え方

スポンサーリンク

京セラの創業者である稲盛和夫の実体験や経験則にもとづいた企業哲学であり、人生哲学ともいえる「京セラフィロソフィ」です。

「人間として何が正しいか」を判断基準としての、倫理観、道徳観、社会的規範にしたがって、誰に対しても恥じることのない公明正大な経営、業務運営を行っていくことの重要性を説いたものが以下の内容です。

京セラグループは、世間一般の道徳に反しないように、道理に照らして、常に「人間として正しいことは何なのか」ということを基準に判断を行ってまいりました。人間として何が正しいかという判断基準は、人間が本来持つ良心にもとづいた、最も基本的な倫理観や道徳観です。「欲張るな」 「騙してはいけない」「嘘を言うな」「正直であれ」など、誰もが子どもの頃に両親や先生から教えられ、よく知っている、人間として当然守るべき、単純でプリミティブな教えです。日常の判断や行動においては、こうした教えにもとづき、自分にとって都合がよいかどうかではなく、「人間にとって普遍的に正しいことは何か」ということから、さまざまな判断をしてまいります。

引用:https://www.kyocera.co.jp

この考え方を社員であった当時、中川伸幸容疑者は少なからず目にする事はあったはずです。

元々が倫理的に逸脱した考えの持ち主だったのか、

年齢を重ね、会社で経験を積んでいく内に歪んだ考えを持つようになっていったのかは定かではありません。

まとめ

それなりの経歴があってグローバル企業、京セラで経理のポジションに就いていたと思われますが、この様な事件を起こすきっかけは何だったのでしょうか。

非常に気になる部分です。

最後までお付き合いいただき有難うございました。

スポンサーリンク

この記事も読まれています!

木本結梨香のfacebookが特定される、布教活動は母親の影響大?
中米グアテマラ北部のペテン県で布教活動を行っていた木本結梨香さんが死亡した事件で 現地メディアからは性的暴行未遂の可能性もあるとの方向...
【エホバの証人】木本結梨香さん性的虐待の末/布教の斡旋は?
4日、中米グアテマラのペテン県で布教活動中だった 2人の日本人女性が現地で襲撃され、木本結梨香さんが亡くなった事件で エホバの証...

シェアする

フォローする