酒気帯び運転、時速100キロで正面衝突し軽自動車大破の死亡事故【栃木・宇都宮】

シェアする

6日の午前3時過ぎの宇都宮市内で起きた飲酒事故について、

飲酒運転の車両が逃走したきっかけは、パトカーによる追跡が原因のようです。

この事により、逃走車両に正面衝突された軽自動車を運転していた工藤達也さん(46)が死亡する大事故に。

大破した車両等について書いています。

スポンサーリンク

報道の概要

衝突された軽自動車の全面は大破しているのが確認できます。

軽自動車はバンタイプのようです。

追突した車両と逮捕された川俣勇人容疑者について

スポンサーリンク

こちらの車両は警察の追跡から逃れるために逃走していた乗用車タイプの車両です。

追跡当時は80キロの時速が出いていましたが、その後100キロ程の時速で軽自動車に衝突したと言われています。

引用:FNN

この衝突により、川俣勇人容疑者(22)は足の骨を折る重傷、

助手席に座っていた男性(21)は内臓を損傷する重体です。

なお、運転していた川俣勇人容疑者の呼気からは基準値を超えるアルコールが検出されています。

逮捕された川俣容疑者の職業については自営業、

助手席に乗っていたのは年齢からみても川俣容疑者の友人関係でしょうか。

GWの最終日、早朝3時に事故を起こしているので、

その時間帯まで飲酒をしていたと考えられます。

追突された車両

引用:TBS

引用:FNN

時速100キロの衝突の凄惨さを車両が物語っています。

この衝突ニュースより、上記の軽自動車を運転していた工藤達也さん(46)が死亡しました。

車両の前側が原型をとどめていませんが、おそらく以下の車両と似たようなタイプだったと思われます。

工藤さんの死を悼む声


事故でなくなった工藤さんには娘さんがいるのでしょうか、

突然の事故でご家族の心境を思うと言葉が見つかりません。

終わりに

川俣勇人容疑者の顔画像は現段階で特定されていません、おそらく病院で治療が完治次第何らかの動きがあるとおもわれますので追って追記してゆきます。

川俣容疑者の同乗者の男性(21)も内蔵を損傷する大けがを負っていますが、川俣容疑者の飲酒について、制止する等の言動等についても気になる点です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする