冨山勝伍、就活中にも関わらず髭面で挑むワイルドな風貌の訳とは?

シェアする

都内で就職活動中の冨山勝伍容疑者、同氏がデリヘルを利用した際、男性従業員とトラブルになり逮捕される事件が起きました。

冨山容疑者の父親は大阪府議の冨山勝成氏という事も解っており、イケメン親子に世間の注目が集まっています。

スポンサーリンク

報道の内容

警視庁によると、冨山容疑者は先月、品川区西五反田の路上で、派遣型風俗店の従業員の男性に、足を踏みつけるなどの暴行を加えてケガをさせ、現金2万7000円を奪った疑いが持たれている。

冨山容疑者は就職活動のために上京していて、風俗店のサービスを受けようと女性をホテルに呼んだが、料金をめぐってトラブルになり、男性従業員に暴行を加えたという。

調べに対し、冨山容疑者は「前払いした金を返してもらっただけ」などと容疑を一部否認しているという。

引用:NNN

現在就職活動中で髭面!?

外見をも重視する日本の就職活動で、面接官からの印象を第一に考える多くの就活生とは一線を画する風貌にも注目が集まっています。

テレビに映る姿はカメラから顔を背ける事なく、堂々とした姿にただものではない雰囲気も感じますね、24歳にしでデリヘルの利用もこなれている印象を受けるのは筆者だけでは無いはず。

それもそのはず、彼の実の父親は大阪府議会議員の冨山かつなり氏との事が各方面で言われており、父親の富山かつなり氏もダンディな雰囲気を受けます。

冨山勝伍容疑者の詳細について

氏名:冨山 勝伍(とみやま しょうご)

住所:大阪府

高校:常翔学園高校等学校?

大学:大和大学?

父親:冨山勝成

ワイルドの象徴と言っても過言ではない、ラグビーに青春をささげたと思われるラガーマン、勝伍氏について。

進学した常翔学園高等学校はラグビーの全国大会常連校で、勝伍氏も大阪府の大会で準優勝に大きく貢献したとされています。

またラグビーの本場ニュージーランドでのラグビー経験もあり、オーストラリア、LAをこれまで渡り歩いたとも。

彼から放たれるワイルドな要素はこれらの経験が大きな要因となっている事が伺え、就職の面接に「髭」で落とされるくらいなら「それまでだ」との現れなのでしょうか。

オシャレでワイルドで語学も堪能と思われ、同世代の女子達は言わずと勝伍氏に近づく女性も多かったと思われますが、派遣型風俗を利用していた事については意外に感じます。

その理由について、それは彼がプレイボーイの要素が強い事の現れなのでしょうか?!

容疑について

サービスを受けようとホテルに呼んだが、金額の面でトラブルになり男性従業員(63)の足を踏みつけ怪我をさせ、現金2万7千円を奪ったと報道されています。

奪ったとされる2万7千円についてはサービスを受けていない為、前払い金を返してもらっただけと供述している事に納得できるのは筆者だけでは無いはず。

サービス代金が2万7千円と高額と思う方も多いかも知れませんが、関東で90分コースの平均額は23,000円~28,000円と言われている事から相場内の額と言えます。

まとめ

勝伍氏は父親と同じく府議員を目指していたともされる事から、今回の報道が今後の活動の痛手とならなければ良いのですが。

最後まで読んで頂き有難うございました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする