Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

新聞販売員の津村和弘(74)を指名手配、強引な勧誘がトラブルを招いた!?

シェアする

7日夜10時、行方が解らなくなっていた大宅美貴さん(40)が何者かにより殺害されていた事件に展開が見られました。

大宅さんが訪れたマンションの住人で新聞販売拡張員の津村和弘容疑者を指名手配。

2人の間にはどんな関係があったのか、内縁関係にあった男性とのトラブルは??

スポンサーリンク

報道の内容

7日夜に福岡市のマンションで殺害された女性の遺体が見つかった事件で、警察は9日午前、このマンションに住む男を指名手配しました。

 殺人の疑いで指名手配されたのは、福岡市西区の新聞販売拡張員・津村和弘容疑者(74)です。警察によりますと、7日午後10時ごろ、津村容疑者のマンションの一室で、福岡県志免町に住む大宅美貴さん(40)が死亡しているのが見つかりました。

大宅さんの胸などには複数の刺し傷があり、死因は出血性ショックでした。

部屋からは凶器とみられる包丁1本が押収されています。警察は津村容疑者が大宅さんを殺害したとみて、指名手配して行方を捜査しています。

引用:http://news.tv-asahi.co.jp/

指名手配中の津村容疑者について

容疑者:津村 和弘(つむら かずひろ)

年 齢:74歳

住 所:福岡県西区

職 業:新聞販売員拡張員

身体的特徴:身長153㎝、額に傷がある。

・部屋からは凶器として使われた包丁一本が見つかっている。

・事件後、付近の防犯カメラに1人で歩いている姿が映っており、徒歩で逃走したとみられるが運転免許証を所持しており、車を使用し逃走する可能性も有り得る。

・津村容疑者は2017年8月から同販売店で勤務。知人女性によると、3日に突然、女性宅を訪れ、「俺は長生きしないからもう死にたい。どうやって死のうか」と話していたという。

スポンサーリンク

職業の新聞販売拡張員とは

新聞社、新聞販売店とは別の団体で新聞の訪問販売を行う団体。新聞販売店、新聞社から委託を受けて訪問販売がメインだが強引な契約、解約を巡るトラブルも多々発生し、新聞業界の「必要悪」としてその存在は今日まで受け継がれています。

転居先での新聞の勧誘に頭を悩ませた経験がある方も多いのではないでしょうか?筆者もその内の一人です。

委託元の新聞社は??

読売新聞西部本社広報宣伝部の話「当社と取引関係にある販売店のパート従業員がこのような容疑で指名手配された事態は誠に遺憾です」

参照:www.yomiuri.co.jp/

被害者の女性

氏 名:大宅美貴(おおや みき)さん

年 齢:40歳

住 所:福岡県志免町

死 因:包丁で胸等を複数刺され出血性ショック死

防犯カメラから:その時間帯にマンション近くの防犯カメラに2人が映っているのが確認され2人は以前から面識があったという。

大宅さんは6日夕、福岡県志免町の自宅から津村容疑者が住むマンションに向かい、同日夜から連絡がとれなくなっていた

事件の背景

大宅さんは何故、津村容疑者の自宅を訪れた理由について、二人の年齢から見ても34歳の開きがある、大宅さんには内縁関係の男性(45)が居る、この事から男女の間柄では無かったと推測します。

万が一あったとしてもそれは津村容疑者が一方的に好意を抱く程度ではないでしょうか。

自宅を訪れる理由で考えられるのは契約した新聞の解約を巡るトラブル??しかし、解約するのにわざわざ出向く事も不自然です。

以前から面識があっただけに、津村容疑者と何らかのトラブルが発生したと思われます。

まとめ

津村容疑者は福岡県外に逃げた可能性もあり、大宅さんの遺体が見つかった7日から連絡がとれておらず、何らかの事情を知っているとみて行方を追っています。

この件につきましては続報が入り次第追記して行きます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする