溝内貴大さんひき逃げ事故で犯人は逃走中!原因は飲酒運転?前方不注意?

シェアする

20日未明、京都市の国道でひき逃げ事故が発生しました。

事故に巻き込まれたのは、ミニバイクを運転していた会社員の溝内貴大さん26歳です。

犯人は未だ逃走中で警察が犯人の行方を追っています。

スポンサーリンク

事件の概要について

ABCニュース他、メディア各局が下記のニュースを報じ話題となっています。

20日未明、京都市山科区の国道で、原付きバイクを運転していた男性が車にひき逃げされ死亡しました。

午前2時前、京都市山科区の国道1号で「ヘルメットなどが散乱し、バイクが倒れている」と110番通報がありました。警察が現場に駆けつけると、国道脇に児童養護施設職員の溝内貴大さん(26)が頭から血を流した状態で倒れていて、その後、死亡が確認されました。バイクの後ろが大破していたことから、警察は、車が後ろから衝突して走り去ったとみて、ひき逃げ事件として捜査しています。

引用:ttps://www.asahi.co.jp

追記:角山雄介容疑者ひき逃げで逮捕される

自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、同区四ノ宮神田町、アルバイト、角山(つのやま)雄介容疑者(26)を逮捕した。容疑を認めているという。

引用:産経新聞

角山雄介容疑者の情報について

氏名:角山雄介(つのやま・ゆうすけ)

年齢:26歳

住所:京都市山科区

職業:アルバイト

容疑について:認めている

逮捕:過失致死・ひき逃げ

付近の防犯カメラの映像から角山容疑者の関与が浮上した事で逮捕に至りました。

事故があった現場は??

スポンサーリンク

事故がおきたのは京都市山科区を通る1号線で起きました。

現場を通りかかった男性から、

「ヘルメットなどが道に散乱している」

との連絡が府警にはいりました。

通報の時間帯は20日1時半過ぎ。

現場について調べを進めた結果、以下の場所で間違いなさそうです。

現場は下り坂で緩やかな右カーブとなっているため、

自然とスピードが出やすい地形の様です。

トンネルの出口からおよそ300m離れた片側2車線の道路付近で発生。

発見された現場について

草むらにまで吹き飛んだバイクの破片

引用:https://www.asahi.co.jp

溝内さんが発見されたのは道路の路肩で倒れていたところを

駆け付けた警察官により発見されました。

被害者の溝内貴大さんについて

氏名:溝内貴大さん

年齢:26歳

職業:会社員

業種:児童養護施設職員

発見された時間帯:20日未明

発見当時の状態:着用していたヘルメットの損傷、頭部からの流血、その後死亡が確認された。

擁護施設の職員だった溝内さんが事故に巻き込まれた経緯については報道で述べられておりませんが、業種から考えて、夜勤の交代後で帰宅途中だった可能性も考えられます。

事故の詳細について

溝内さんのバイクの後部が大きく損傷していた事から

警察は前方を走っていた溝内さんのバイク後方に、

後続から来た車が衝突し、走り去ったとみています。

前方にバイクが居るにも関わらず、

後ろから衝突した経緯を考えると、

ひき逃げ犯の前方不注意が原因ではないでしょうか。

時期的にも忘年会シーズンとの事で飲酒運転手だった事も考えられます。

この詳細については、続報が入り次第追記してゆきます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする