【大津市・自動車事故】早朝の国道でハイエース衝突、9歳の息子が死亡

シェアする

連休終盤の5日、またしても自動車絡みの事故により小学生の男児が死亡しました。

一家の乗った車は京都に住む大学生の兄に会いに行く途中でした。

スポンサーリンク

大津市自動車事故の報道

5日未明、大津市で車2台が衝突する事故があり、家族と一緒に京都へ出かける途中だった富山県の9歳の男の子が死亡し、双方の車の男女合わせて4人がけがをしました。5日午前1時前、大津市北比良の国道161号線で2台の車が衝突しました。

警察によりますと、一方の車の後部座席に座っていた小学4年生の9歳の男の子が頭を強く打ち、病院に運ばれましたが死亡しました。

また、この車を運転していた富山県砺波市の45歳の公務員の男性と44歳の妻、高校1年生の15歳の長女と、もう一方の車を運転していた京都市に住む39歳の会社員の男性の、合わせて4人がけがをして病院で手当てを受けています。警察によりますと、家族の車には男の子も含めて4人が乗っていて、京都に住む長男の家に遊びに行く途中だったということです。

現場は片側1車線の緩やかなカーブで、家族の乗っていた車の側面が大きくへこんでいるということで、警察はどちらかの車が対向車線にはみ出したとみて詳しく調べています。

引用:NHK

事故は緩やかなカーブの国道で起きました。

この事故により、家族の車に乗車していた一番下の息子さん(9歳)が、頭を強く打ち、病院へ搬送されましたが死亡が確認され、原因は衝撃による脳挫傷。

大津市の事故現場は?

事故は大津市北比良の国道161号線の片側一車線上で起きました。

現場については以下の場所でほぼ間違いないと思われます。

死亡した少年が乗った車がどちらか側を走行していた、等の情報までは報道されていませんが、一家が乗っていたワゴン車の側面は大きく大破している為、どちらか一方がセンターラインを大きくはみ出したと思われます。

お互いハイエース同士の事故で両方の車両とも損傷が激しく、事故の凄惨さを物語っています。

男児が乗っていた方の車

引用:NHK

男性が運転していた車

引用:FNN

事故による死傷者

スポンサーリンク

この事故により、富山県在住の一家の父親45歳、が顔を切るけが、母親44歳、姉15歳が胸を強打し搬送されました。

もう一方の車を運転していた39歳の会社員の男性も顔を切るけがを負っっています。

死亡した男児はハイエースの後部座席に座っており、事故の衝撃で頭部を強打しましたがシートベルトを着用していたか否かについては定かではありません。

終わりに

大型連休も終盤、一家は京都府に住む大学生の兄に会いに行く矢先でこのような事故に遭ってしまい非常に悲しい事故。

事故の被害を最小限にとどめる為には、やはりシートベルトの着用が分かれ道になってくるのかも知れません。

新学期も始まったばかり、少年の無念さが伝わります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする