連休中に相次ぐ事故、崖、海に転落、BBQ中殴られて意識不明の重体

シェアする

平成、令和をまたぐ大型連休中の各地で事故や事件の報道が相次いでいます。

大型連休とも会って、普段とは違う行動をとる事で事故や事件に巻き込まれるケースが起きています。

事故や事件の一部をまとめました。

海や山、BBQ中の事故・事件報道

海へ転落の可能性

小学2年生の男児が海面に浮いた状態で発見されています。

男児は発見される1時間前の7時頃、「自宅からいなくなった」との母親の証言から、漁港付近に住む少年だったのでしょうか。

警察は少年が誤って海に転落した可能性があるとみています。

崖から転落の可能性

事故が発生したのは28日午前9時半頃、散策していた男性の内1人が崖から5m下に転落、残った一人が近くの民家まで歩き、そこから消防に通報。

警察と消防による救助で、午後2時頃、転落した男性は救助されましたがその後、死亡が確認されました。

BBQで傷害事件

28日午後、名古屋市西区の庄内緑地公園でバーベキューをしていた38歳の男性が、男と口論の末に殴られ、意識不明の重体です。

28日午後3時過ぎ、名古屋市西区の庄内緑地公園で仲間とバーベキューをしていた中川区の工員・紋川和宏さん(38)が、他のグループの男と口論になりました。

口論の末に紋川さんは男に顔面を殴られ、はずみで転倒した際に後頭部を地面に打ち付けてケガを負い、病院に搬送されましたが、その後容態が急変し、現在意識不明の重体で治療を受けています。

警察によりますと、紋川さんは正午ごろから初対面の男女あわせて14人でバーベキューを楽しんでいましたが、同じ参加者同士でトラブルとなり男がトラブルの仲裁に入ったところ、口論になったということです。

男は現場から徒歩で逃げていて、年齢30歳くらいの金髪で、赤のジャンパーに紺のジーパン姿だったということです。

警察が傷害事件として男の行方を追っています。

引用:東海テレビ

この事件により、紋川和宏(もんかわかずひろ)さん、38歳が意識不明の重体となっています。

紋川和宏さんらは初対面の人達14人でBBQを楽しんでいたところ、

別グループの金髪で、赤のジャンパーに紺のジーパン姿の男性と口論になり、

顔面を殴られた弾みで転倒し、頭部を地面に打ち付けて意識不明の重体に。

紋川和宏さんらのグループは合コンか何かだったのでしょうか、

それにねたんだ犯人の犯行だと思われ、金髪で赤のジャンパー男が一国も早く逮捕される事を願うばかりです。

終わりに

連休が始まってまだ2日、各地で事故や事件の報道が相次いでいます。

連休中の事故には気を付けたいですね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする