群馬・沼田/公園に出かける準備中、母親が誤って2歳の息子を轢く

シェアする

母親は公園に出かける準備をしていた矢先の事故でした。

自宅敷地内で車をバック時、母親が誤って2歳の息子を轢いてしまう悲しい事故が起きてしまいました。

母と息子、楽しく公園で遊ぶはずが一転してしまった。

スポンサーリンク

報道の内容

20日午前10時前、沼田市の住宅で、この家に住む37歳の母親が、車を車庫から出そうとしたところ、長男の上原和真ちゃん(2)がひかれた。

和真ちゃんは頭を強く打って、病院に運ばれたが、およそ1時間半後に死亡が確認された。

当時、母親は和真ちゃんが車の後ろにいるのに気づかず、車をバックさせたという。

調べによると、母親は、和真ちゃんと一緒に車で公園に出かける途中だった。

引用:FNN

事故当時の状況は?

日曜の午前、母親はむ息子を公園に連れて行こうと車をバックさせていたところ、後ろに居た息子さんに気づかず車で轢いてしまう事故が発生。

この時期のお子さんにはまだ「危険に対する知識」等は備わっておらず、母親の姿を追って車を目指し走っていたのかも知れません。

母親もまさか後ろに大切な息子が居るとは夢にも思っていなかったと思われます。

これまで愛情込めて大切に育てて来た息子を、自身の不注意で死亡させてしまった母親の心境を思うと、余りにも悲しすぎて言葉が見つかりません。

スポンサーリンク

当時の息子さんの状況

群馬県沼田市在住、上原家の長男の上原和真ちゃん(2)は頭を強く打ち、搬送先の病院で1時間半後に死亡が確認されました。

消防が駆け付けた当時、和真ちゃんは頭から血を流し倒れていました。

ネットの反応は

お母さんもきっと後悔してるよね。自分を責めてるだろうね。心が痛いです。
ご冥福をお祈りします。

なんで無防備に車のそばに子供置いて発進させるかなぁ。
夏ならまだわかるが(車内暑いから)なぜ乗せてシートベルトつけてからにしないのだ。
しかもバックなのにスピード出しすぎでしょ。

悲しい事件ですね
悔やんでも悔やみきれない…

バックカメラは付いてなかった?の。

こういう事故は本当に気の毒。車動かす時は子供を必ず乗せてからとか自分の視野に入れた状態でないと怖い。

引用:yahooニュース

まとめ

母親を責める意見も多く見られますが、今なお、自らの事故に苦しみ、悔んでいる事と思われます。

起きた事に対し、周りが母親を責めても仕方ありません。

今はそっとしてあげたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする