Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キモト・ユリカさんとモロサワ・チエさんの顔画像や詳細は?エホバの証人布教活動中。

シェアする

中米グアテマラ北部のペテン県で布教活動を行っていた20代の日本人女性2人が

何者かに襲われ死傷した事件について。

1人が死亡、1人が大けがを受けて現地の病院で手術を受けました。

グアテマラへは「エホバの証人」の布教活動中の事故でした。

スポンサーリンク

事件の概要について

毎日新聞他、メディア各局が下記のニュースを報じ話題となっています。

中米グアテマラからの報道によると、北部ペテン県で4日未明(日本時間4日午後)、現地在住の日本人女性2人の家に何者かが押し入り、1人を殺害、1人に重傷を負わせ逃走した。2人はキリスト教系宗教団体「エホバの証人」の信者で、数年前から現地で宣教活動を行っていたという。

 在グアテマラ日本大使館は5日、被害者がともに20代の日本人だと明らかにした。重傷を負った女性は命に別条はないという。

 現地メディアによると、亡くなったのはキモト・ユリカさん(26)。負傷したのはモロサワ・チエさん(28)=いずれも漢字不明。キモトさんは頭に打撲の痕があった。モロサワさんは刃物による切り傷や打撲のため、病院で治療を受けている。

 報道では、モロサワさんは酒か薬物の影響下にある男1人に襲撃されたと話した。住民によると、キモトさんは最近、数人の男に嫌がらせを受けたと話していたという。

 現場は、ジャングルの中のマヤ遺跡で有名なティカルから南西約40キロにある小さな集落。(共同)

お二人は自費でジャングルの奥地へ赴き、布教活動をされていた事を考えると

熱心な宗教家だった事が伺いしる事が出来ます。

早速襲撃されたお二人について調べを進めて行きます。

お二人が住んでいた家

引用;NNN

キモト・ユリカさんの顔画像やその他詳細について

スポンサーリンク

氏名:キモト・ユリカさん

年齢:26歳

その他情報:フルート奏者

キモトさんの経歴は?

演奏楽器で入賞するほどの天才でと言われ

4歳からピアノを始め12歳からフルートも始めたと言われています。

高校は県立神奈川総合高校から

上野学園大学短期大学部音楽科をTOPの首席で卒業後

定期演奏会や講師活動をされていた事が解っています。

才女であるキモトさんですが、3年前から中米の奥地へ自費で赴き

布教活動をされていた理由が気になります。

キモトさんのFacebookを特定か?

キモトさんの顔画像を検索したところ、他サイトにも多く紹介されていましたので

リンクを貼ります。

キモトユリカさんと思われるのFacebookを特定!?

画像の女性は美しい容姿をされている事から、現地ではそれなりに知名度があり

人気者だったのではないでしょうか。

そんなキモトさんの元へ男が言い寄ってくるのもわかる気がします。

しかし、家族の意向により氏名などの情報は非公開とされていますので

意向を尊重し画像の公開は差し控えたいと思います。

モロサワ・チエさんの顔画像やその他詳細について

スポンサーリンク

氏名:モロサワ・チエさん

年齢:28歳

報道で解っている情報は上記のみ、

モロサワさんも同じく熱心な宗教家だったと思われます。

モロサワチエさんのFacebookを特定か?

モロサワチエさんの名前でFacebookを検索かけたところ

グアテマラ、ペテン県が住まいで登録されている

Morosawa Chieという日本人のアカウントを発見しました。

本人の可能性が大きいと感じますが如何でしょうか。

モロサワさんの証言から、刃物のような物で何度も攻撃され、

犯人については、酒か薬物の影響を受けていたとコメントを残しています。

刃物による切り傷と打撲で病院で手当てを受け、命に別状はないとの事です。

事件の起きた現地周辺の状況について

お二人が襲われたのはグアテマラ、ペテン県のエル・チャルという村です。

どれ程のジャングルなのか、地図を引きで見ると、

見渡す限りが森で囲まれているのが解ります。

ここまでジャングルだと、中米ジャングルに住む日本人は?

などで日本のテレビクルーが取材に行っても良さそうと感じます。

宗教団体エホバの証人の担当者からのコメント

スポンサーリンク

「エホバの証人」中米担当者はキモトさんとモロサワさんが襲撃された件について以下のコメントをされています。

「2人は3年前、グアテマラの人たちに聖書を知ってもらうためボランティアとして現地に住み始めた。

2人とも自費で活動していた。悲惨な事件に巻き込まれたことが残念でならない」と答えています。

引用;NHK

お二人は自費で2015年頃から現地で精力的に

布教活動をされていた事が判明しています。

ネットの反応

スポンサーリンク

こういう事が起こるとすぐ宗教と関連付ける人がいるが、誰にでも起こり得る事でしょう。
女性の旅行者だっていっぱいいるし、信仰がある人は無敵でも常に守られるわけではない。

引用;yahooニュース

国民が治安悪くて逃げ出す国に若い女性二人で行っちゃいかんだろ。
ま~、布教のためだし殉教になるんだろうけど、もう少し考えられたら良かったとは思うな。盲信は身を滅ぼす好例ですね。
あと、窓に子供が映ってるのがちょっと怖い。

引用;yahooニュース

遥々海外まで布教しに行ってエホバは助けてくれないのか…
若い女性2人だけで海外に滞在するのは危険すぎる。教団の人間は反対しなかったのだろうか?

引用;yahooニュース

中南米に小さな日本人女2人だけでいてたら、強盗にあって殺されるに決まってるだろ
現地人でも、4年に1回か二回ぐらいはピストルつけられての強盗被害に遭うのに

引用;yahooニュース

まとめ

エクアドルのジャングルの奥地へ赴き、事件に巻き込まれた若いお二人について

非常に残念に思います。

お二人を襲った犯人が捕まる事を願うばかりです。

最後までお付き合いいただき有難うございました。

関連記事はこちらから!

木本結梨香のfacebookが特定される、布教活動は母親の影響大?
中米グアテマラ北部のペテン県で布教活動を行っていた木本結梨香さんが死亡した事件で 現地メディアからは性的暴行未遂の可能性もあるとの方向...

スポンサーリンク

シェアする

フォローする