Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

矢野衛一(えいいち)水戸市動物愛護の理事の動物虐殺動画が流出/内部告発で明らかに?

シェアする

茨城県水戸市で運営していたNPO法人茨城県水戸市動物愛護の理事を務めていた矢野衛一による動物虐待の動画がきっかけとなり、書類送検されていた事が解りました。

矢野衛一の顔画像や経歴と共に、動画を撮影した本人や動画が表に出た理由を探って行きたいと思います。

スポンサーリンク

報道の内容

映像には、男が猫を棒でたたいたり、床にたたきつけたりする様子が映っている。環境保護団体LIAによると、この映像は2016年7月に撮影されたもので、猫は数日後に死んだという。

捜査関係者によると、LIAからの告発を受けて警察が捜査し、今月15日、「茨城県水戸市動物愛護」というNPOの55歳の理事長を動物愛護法違反の疑いで書類送検したという。

理事長は2016年、保護していた複数の猫を棒でたたくなどの虐待をした疑いがもたれていて、NPOは21日に活動を停止し、残された猫や犬は県を通して別の団体に引き取られたという。

引用;http://www.news24.jp

映像が撮影されたのは今から2年前の2016年7月にはこの事実があった事を考えると、

これまで数えきれない程の動物が、矢野氏の虐殺と言っても過言ではない暴行で死んで行ったと思われます。

表では動物愛護を掲げ、裏では虐殺を行っていたとは誰が想像できるでしょうか。。。

矢野衛一の顔画像と経歴について

氏名:矢野 衛一(やの えいいち)

活動名:矢野 智一

住所:茨城県水戸市在住

資格:家庭動物管理士3級

・NPO法人茨城県水戸市動物愛護の理事(21日に解散)

・中根寺茨城ペットセレモニー代表

・クイーンズホーム代表矢野

・動物愛護団体が運営するペットホテル

どうやら矢野氏にはいくつもの肩書が存在している様です。

芸能人でもないにも関わらず活動名を名乗る辺り、行政や過去を煙に巻く為だったのでしょうか?

更には#神奈川建築詐欺までのタグ付けされている事から、動物愛護を名乗る前は全く別の職業で荒稼ぎしていた可能性も?!

問題の虐待動画の撮影者は一体誰?

環境保護団体LIAによると、証拠の映像は2016年7月に撮影されたものとの事。

余りの残虐な行為に目を覆いたくなる場面も。

引用;NNN

虐待画像を撮影したのはおそらく内部の人間だったのでは、、と推測しますがいかがでしょうか?

良心の呵責に絶えられない事から時間は経過しているものの、環境保護団体LIAに動画の提供したのではないでしょうか?

スポンサーリンク

動物虐待、虐殺動画が酷すぎる

youtubeには他の動物への虐待動画も公開されており、その一部を画像で紹介しますと、、

下記上の画像は白いシャツの男が矢野氏でその前に中型犬が居て中型犬の首を絞めてる際中、大型の黒い犬が助けに入っているシーンです。

大型犬の攻撃のおかげで中型犬は矢野氏の首絞めから解放され、牙をむき出しにしている場面です。

通常の思考ではとても考えられませんね。

過去の経歴、クイーンズホームを検索してみた結果

今から23年前に、鎌倉で「クイーンズホーム株式会社」を経営していた事が判明。

ここの施工がインチキだった為#建築詐欺神奈川のタグが付けられた可能性は高いですね。

「」

茨城ペットセレモニーについて

矢野氏はこちらのペットセレモニーの代表にもなっていた事から検索をしてみたところ、こちらの事業は継続するらしいとの情報が憶測で入って来ています。

スポンサーリンク

NPO茨城県水戸市動物愛護の今後について

理事長として活動していた団体は21日を持って活動を停止した事が告げられていました。

保護されていた動物は里親様の元へ引き取られて行ったようなので一安心では?

動物愛護を始めるきっかけは市民から募った資金で開業していた事実

更に検索を進めるとこの事業はクラウドファンディングで集められた資金で開業した事も明らかとなり、支援者らの恩義を踏みにじる行為なのは確か。

引用;https://readyfor.jp

まとめ

日本では動物愛護に対する法整備も整っていない事から現在逮捕に至りませんが、国が違えば逮捕されるレベルなのは見て取れます。

他にも同様の施設がある可能性は高いと思われますが、今の法整備では追いつかないのが現状でしょうか。

この男に真の裁きが下る事を願うばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする