平野貴彦の顔画像とFacebook調査!住宅街に遺棄されたのは実の父だった!

シェアする

愛知県清須市の田んぼの土手に遺体が遺棄されていた事件に急展開がみられました。

近くに住む平野 貴彦(37)が容疑者として逮捕され遺棄された遺体は69歳の実の父親との事です。

男2人暮らしだった家族に一体何があったのでしょうか?

早速見て行きましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

27日、愛知県清須市でミイラ化した遺体が見つかった事件で、警察は現場近くに住む37歳の男を、遺体を捨てた疑いで逮捕しました。遺体は男の父親とみられています。

死体遺棄の疑いで逮捕された、清須市西須ケ口の平野貴彦容疑者(37)は、自宅近くの田んぼに男性の遺体を捨てた疑いがもたれています。警察によりますと、平野容疑者は容疑を認めています。

遺体は27日朝、毛布にくるまれた状態で見つかっていました。

平野容疑者は父親(69)と2人暮らしとみられていますが、父親とは連絡がとれなくなっていて、警察は遺体が父親とみて身元の確認を進めています。

近所の人は「普通じゃないすごいくさい臭いがしていた。

去年10月くらいから、そういえばおじいさんを最近見ないよねと思っていた」と話しています。警察は平野容疑者が死亡の経緯も知っているとみて調べています。


引用:メーテレ

容疑者についての情報

スポンサーリンク

容疑者:平野 貴彦(ひらの たかひこ)

年 齢:37歳

住 所:清須市須ケ口(すかぐち)

容疑について:認めている

職 業:自称アルバイト

男は父親と2人でアパート暮らしをしていました。

こちらがそのアパートです。

広さは2DK辺りでしょうか。

37歳の男性が父親とアパート暮らしというのも少し引っかかります。

不自然ではありませんがそろそろ独立し一人で暮らしても良いのでは?なんて声も聞こえて来そうです。近所の意見から「そういえばおじいさんを最近みないね」との証言がある様に父親は外出出来る状態であった事が解り、息子が介護・看病していた事の可能性は低いと思われます。

顔画像とFacebook調査

Facebookによると同姓同名者が多数で本人の断定までには至りませんでした。

今後の続報の可能性もあり気長に待ちたいと思います。

Facebookの調査結果はこちらから

管理会社からの連絡がスピード解決へ

西枇杷島署によると、遺体発見後の27日に、アパート管理会社の社員が平野容疑者宅を訪問。室内の異臭や父親の姿が見えないことを不審に思い、同日夜に同署へ相談した。署員が平野容疑者に事情を聴くと容疑を認めた。平野容疑者は家賃を滞納しており、27日が退去予定日だった。

引用:産経WEST

死体が見つかったのが27日の午前6時過ぎ、

犯行が行われたのが26日の深夜から27日の未明との推測が出来ます。

27日が退去予定日だったの報道から容疑者は遺棄して逃げる予定だったのでしょうか。

異臭に関しても近所の情報から相当な腐敗臭が漂っていた事が解ります。

「とにかくここだけウジだらけ何か月も」

ウジってウジ虫の事でしょうか、、、

想像しただけでゾッとします。

家の中は更に大変な事になっていた事は間違ないと思われます、そんな中平野容疑者はアパートで暮らす事が出来ていたのでしょうか。

まとめ

警察が殺害の動機や犯行内容など進めている事から事件の詳細が明らかになると思われます。

続報を待ち今回の事件について追って行きたいと思います。

関連記事はこちらからどうぞ!

【愛知清須市】ミイラ化した遺体 住宅街の目の前に遺棄され一体誰が?
第一発見者の脳裏から消える事はあるのでしょうか、 見てはいけない物を発見してしまった。 愛知県清須市の田んぼに毛布にくるまれた遺...

スポンサーリンク

シェアする

フォローする