平野貴彦の顔画像が判明!田んぼの土手に父親のミイラ化遺体を遺棄した男

シェアする

先月27日、愛知県清須市で田んぼの土手で遺体が見つかった件で既に逮捕されている男の画像が公開されました。

DND鑑定の結果、遺棄されていた遺体は男の父親であることが判明しました。

早速見て行きましょう。

スポンサーリンク

報道の内容

清須市西須ケ口のアルバイト・平野貴彦容疑者(37)は、先月、自宅アパートの裏の田んぼに、一部ミイラ化した男性の遺体を遺棄した疑いで逮捕され、容疑を認めている。

その後の警察の調べで、DNA鑑定などの結果から、遺体は、平野容疑者と同居していた父親の平野二三男さん(当時69)であることが分かった。

遺体は、死後3か月から1年がたっているとみられている。

平野容疑者は、二三男さんが死亡した後も年金を受け取り続けていたとみられていて、警察が事件の経緯を詳しく調べている。

引用:NNN

父親の死因はまだ明らかになっていません。

同居中何等かが原因で父親が死亡し、平野容疑者が年金を受け取り続けていた事が明らかになっています。

容疑者の詳細

スポンサーリンク

容疑者:平野 貴彦(ひらの たかひこ)

年 齢:37歳

住 所:清須市須ケ口(すかぐち)

容疑について:認めている

職 業:アルバイト

平野容疑者の顔画像が明らかに

年齢の割には髪が随分と抜け落ちてしまっている印象を受けます。

私生活でも控えめであまり目立たないタイプだったのではと察する事が出来ます。

アルバイトの稼ぎだけでは足らなかったのでしょう、親の年金まで当てにするとは。

死亡の父親を自宅に放置してしまう神経も異様に映ります。

ネットの反応は

親の様子から感じたことや、今回のニュースで感じることは、年金は一度申請すれば、永遠に受給するから定期的に訪問などして監査した方がいい。

年金受給者の所在確認を拒否、及び不明または所在確認が取れない場合は安否がわかるまで、一旦支給凍結だね。今後は。でないと不正受給は減らない。

生存を確認せず、年金支給しているほうにも問題ある。

親の脛かじりの先のしゃぶり尽くすという所まで落ちる人生は光が差したことない家庭なのかな?

今の時代
一人の稼ぎで
生きで行けない人
多いのか?
年金目当ての殺人か?

まとめ

年金受給に関して、不正受給者が他にも沢山いる事を臭わせる書き込みがある様に支給に関して制度の見直しが必要とも感じました。

メディアでもよく年金制度の破綻を耳にする事から1円でも無駄に出来る状況ではないにも関わらず不正受給が減らない現実に喝を入れたいです。

スポンサーリンク

関連の記事はこちらから

平野貴彦の顔画像とFacebook調査!住宅街に遺棄されたのは実の父だった!
愛知県清須市の田んぼの土手に遺体が遺棄されていた事件に急展開がみられました。 近くに住む平野 貴彦(37)が容疑者として逮捕され遺棄さ...

シェアする

フォローする