池田莉菜容/友人らの証言で育児放棄、保育園費未払額が20万弱!!

シェアする

今月、札幌市中央区のマンションで起きた当時2歳の女児への児童虐待死の容疑で逮捕された母親の池田莉菜容疑者(21)と藤原一弥容疑者(24)。

ここにきて友人や、女児を預けていた保育園の元保育士による驚きの証言が明らかとなってきました。

スポンサーリンク

池田莉菜容疑者と詩梨ちゃんを知るの友人からの証言

2018年3月から池田容疑者は詩梨ちゃんを保育園へ預けるのを辞めています。

詩梨ちゃんの年齢は当時1歳3か月。

それまで保育園に預けられる事で、保育士らの手によって成長が見守られていた状況でしたが環境が一変。

池田容疑者の中学時代からの友人の証言によりますと、

「2018年の3月に詩梨ちゃんを預かっていた」ようです。

当時、すでに詩梨ちゃんの体重は同じ月齢の子供と比べても小さく、

皮膚が荒れていたようです。

その事を池田容疑者に言ったら「大丈夫じゃない?」と、なんとも他人事の様な返事なのに対し、「友人は大丈夫じゃないわ」という状況だったようです。

それもそのはず、発見された当時の体重は2歳にして、僅か6㎏程しかありませんでした。

保育園費の滞納額が20万円にも、、、

スポンサーリンク

詩梨ちゃんは2018年3月まで、夜間も預かってくれる保育園へ預けられていました。

しかし、池田容疑者と保育園側とではトラブルが絶えなかった、と、詩梨ちゃんが預けられていた保育園で勤務していた元保育士の証言が明らかに。

詩梨ちゃんを預けたまま、2日間ずっと泊まりで、保育士が池田容疑者へ連絡を入れても連絡がつかない状態があった」

「飲みに行った帰りみたいで、毎回酔っぱらって迎えに来る感じだった」

という状況で、さらには保育園費の未払いが最終的には20万円ち近くまで滞っていたというのだから驚きです。

滞納していた保育園費がその後、支払われたのかまでは明らかとなっていませんが、

この様な人物にもはや養育する能力が無い事は、この時点でわかっていたはずです。

藤原一弥容疑者との交際はいつから??

池田容疑者と藤原容疑者が交際し始めたのは、今年に入ってからのようです。

池田容疑者は以前から育児放棄していたと、これまでの証言から感じ取る事が出来ますが、

新たな交際相手が見つかった事で、詩梨ちゃんへの育児放棄と虐待はエスカレートしていったと思われます。

現に、藤原一弥容疑者を知る人物からの情報によりますと、

子供は普段から大嫌いと言っていた

との証言がされています。

引用:STVNEWS

この証言の内容は暴力は振るうが、女性にはモテる人物だったと語られていますが、

そんな人間が本当にモテるのか、、、

いやいや、モテる訳がありません、これは断言できます。

では一体誰にもモテるのでしょうか、、、

おそらくススキノの、一部の取り巻き達の間での話だと思います。

暴力を振るう男性がモテる訳ありませんよ。

おわりに

亡くなった2歳女児の育児状況が明らかとなり、なぜ、詩梨ちゃんはこのような辛い目に合わなければならなかったのかと思うと非常に苦しい想いです。

また、周りの対応の悪さがこの様な最悪の事態を招いた事も否定できません。

体制が改善される事を願うばかりです。

関連の記事はこちら

池田莉菜/中学時代の友人の証言が明らかに、出産育児の不安を相談できず、、、
池田莉菜/中学時代の友人の証言が明らかに、出産育児の不安を相談できず、、、
札幌市中央区のマンションで池田詩梨(ことり)ちゃん(2)が衰弱死した事件。 母親の池田莉菜容疑者の中学時代の友人の証言から、容疑者の生...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする